5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【神奈川】ちぎり絵で遠い故郷を思う100歳のおばあちゃんが初めて個展を開きます

1 :どれみ♪φ ★:2007/09/28(金) 06:09:56 ID:???
今年5月に100歳の誕生日を迎えた大和市福田の上当イトさんが、故郷の徳之島(鹿児島県)の
風景などを思い浮かべて制作したちぎり絵を展示する「100歳のちぎり絵展 望郷の心象風景」
が27日から、大和市役所で開かれる。83歳からちぎり絵を始めた上当さんにとって初の個展。並
べられた自身の力作を前に「ちぎり絵は本当に楽しい。命の限り続けます」と笑顔で話した。 

色とりどりの和紙を細かく手でちぎり、暗い色から順番に少しずつ張り重ねていくちぎり絵。上当さ
んが始めるきっかけになったのは、ちぎり絵が掲載された一枚のチラシだった。「なんだか面白そ
う」と思い、ちぎり絵教室に通い始めた。傘寿(さんじゅ)を超えてからの新たな挑戦。始めたころ、
周りから「いつまで続くのか」と言われたが、もともと手が器用だった上当さんはめきめきと腕を上
げた。指導者の免状を得るほど上達し、いまでは教室の中で、一番長く続けている生徒だ。

教室には毎月二回欠かさず通っている。電車に乗って、東京都町田市の教室まで一人で通い、
17年間で二百点を超える作品を制作した。健康で長く続けるコツは「自分の好きなことを、やれる
範囲でやればいいのよ。夢中でやっていると、風邪なんてひいてられない」と笑う。マリンブルー
の鮮やかな海を泳ぐ黄や赤の熱帯魚や、サトウキビ畑が見える海岸線−。上当さんの作品の多
くは「南の島」の情景が描かれる。鹿児島県の故郷徳之島の風景が心に浮かぶからだ。

上当さんは16歳のとき、神戸市の工場へ就職。結婚もしたが、一年後に夫が病死した。21歳で
上京後、美容師となり、横浜市保土ケ谷区で60歳まで美容室を経営。再び徳之島に戻ったが、
80歳のときに孫が住む大和市へ移り住んだ。だが、島を離れても遠い故郷への思いは消えない。
「絵はがきの風景も参考にするけど、やっているうちに故郷が形に表れます。本当にきれいですよ。
向こうの海は」と心の中の変わらぬ情景を思い出すように話す。

ちぎり絵展には十五点の力作が並ぶ。大作となると、二−三カ月はかかりっきりになり周りから心
配されることもしばしば。「描こうと思った風景が、この手から自然と出てきて、楽しいから夢中に
なっちゃう。自分の好きなことを最後までやり遂げられたら、うれしい」個展は10月7日まで、大和
市役所一階ロビーで、午前8時半から午後5時まで(土日も)開催。

そおす◇東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20070927/CK2007092702051911.html
がぞお◇
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20070927/images/PK2007092702151916_size0.jpg

2 :やまとななしこ:2007/09/28(金) 06:17:36 ID:YeCCE+Qx
死ぬ前に旅行に行っとけ

3 :やまとななしこ:2007/09/28(金) 06:25:22 ID:5e0yxzKQ
もっと絵をアップで

4 :やまとななしこ:2007/09/28(金) 06:26:32 ID:/mOtnVBA
なんか和んだ

5 :やまとななしこ:2007/09/28(金) 06:29:04 ID:9KaWY4af
強制連行は本当にありましたか?

6 :やまとななしこ:2007/09/28(金) 09:20:17 ID:6K7zBg5P
美しい国、日本

7 :やまとななしこ:2007/09/28(金) 14:27:04 ID:6ny1AzmF
想像のなかの故郷が最も美しい場所なんだよなあ。
しかし、もう親族も生きてないだろうが子孫はいるし、
もういっぺんくらい里帰りして両親の墓にでも
いってもいいかもね。歩けるうちに。

8 :やまとななしこ:2007/09/28(金) 14:36:00 ID:l0W61KST
「イト」さんですか
もうこういう名前の人ってなかなか居ないよね。




9 :やまとななしこ:2007/09/29(土) 00:08:56 ID:4O1gTy15
卵のからで作る奴もよい

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)