5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【環境】ターナーなど夕焼けの絵画を分析、温暖化研究に活用へ

1 :ゴゴゴφφφ ★:2007/12/03(月) 15:44:02 ID:??? ?PLT(43555)
英風景画の巨匠、J・M・W・ターナー(1775‐1851)が描いた色鮮やかな夕焼け空は、
気候変動研究の手掛かりになるか?
――ギリシャの科学者らがこのほど、古今東西の日没の風景画の色彩を分析したユニークな研究結果を発表した。

国立アテネ天文台のチームは、過去の気候変動を詳しく調べることによって、
将来を予測するコンピューター・モデルの精度を上げるプロジェクトに取り組んでいる。
このほど大気化学・物理学の専門誌に報告した研究では、
181人の画家による風景画554点について、夕焼けの色の「赤さ」を数量化し、その傾向を調べた。
チームによれば、「気候変動を知る手掛かりとして芸術作品を使った研究は、これが初めて」という。

チームでは特に、大きな火山噴火が起きた年代に注目した。
1883年にインドネシアのクラカタウ火山が大噴火を起こした際、
世界各地で真っ赤な夕焼けが観測されたとの記録などから、
噴出ガスによる大気汚染の度合いが大きいほど、夕焼け空は赤くなると考えられる。
そこで、火山噴火後3年以内に描かれたターナーら19人の画家による作品54点を、
「火山グループ」と名付け、残りのグループと比較した。
それぞれの作品中に使われた赤と緑の割合を調べたところ、
火山グループの方が圧倒的に赤の割合が大きかったという。
チームは、「画家たちは驚くほどの正確さで、実際の空の色を再現している」と述べ、
「過去数世紀にわたる環境汚染の状況を調べる手段として、風景画が有用であることが分かった」
と結論付けている。

芸術作品を科学的研究に利用することに対しては、
「風景画が目指すのは自然を正確に記録することではない」
(米国立大気研究センターのケビン・トレンバース所長)、
「画家の解釈を事実として過大評価するのは危険」
(英バーミンガム大のターナー研究家、ジェームズ・ハミルトン氏)など、
批判の声も上がっている。
一方で、バーミンガム大で気象学を研究するジョン・ソーン教授は、
「特定の画家の作品だけでなく、幅広い対象を扱った研究なので、平均値として活用できる」
との評価を示している。

http://www.cnn.co.jp/science/CNN200712020015.html

2 :やまとななしこ:2007/12/03(月) 17:50:36 ID:I3N/yZRO
ハイエンドカルチャー

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)