5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【映画】織田裕二「旧作に負けないという自信を持っている。精魂込めて作った作品」とアピール・「椿三十郎」初日舞台あいさつ

1 :どあらφ ★:2007/12/01(土) 17:25:08 ID:???0
織田裕二、黒澤監督×三船敏郎に「負けない自信を持ってる」
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20071201/50127_200712010089610001196488440c.jpg
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20071201/50127_200712010119014001196488440c.jpg
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20071201/50127_200712010152784001196488440c.jpg

故・黒澤明監督と三船敏郎コンビの名作をリメイクした『椿三十郎』の初日舞台挨拶が
1日(土)に都内で行われ、主演の織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏らが
登場。織田は「旧作に負けないという自信を持っている。精魂込めて作った作品」と
アピールした。

豊川演じる室戸半兵衛との一騎打ちのシーンを振り返った織田は「監督が前作と違う
シーンが作りたいと言っていたので、旧作にはなかったカタルシスができたかなと思う。
好きなシーンです」と満面の笑み。また、時代劇初挑戦となった松山は「先輩たちの
現場での立ち振る舞いが凄かった。僕はずっと織田さんに甘えていました」と告白し、
笑いを誘った。

この日は、観客が質問するという初日舞台挨拶では稀なケースでトークを展開。
司会から「1回はパスをしてもいいですよ」と促されていたとあって、豊川は最後の
質問にパスを行使し“してやったりの顔”で会場を和ませた。なお、12年振りの
映画出演を果たした中村玉緒は風邪のため欠席した。

引用元
http://www.oricon.co.jp/news/movie/50127/full/

映画「椿三十郎」
http://www.tsubaki-sanjuro.jp/

2 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:25:15 ID:Cmmbha6Q0
>>3
半年ROMってろ

3 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:26:30 ID:GfcMVs7T0
侍に生まれてよかった〜!

4 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:26:56 ID:3UOYtEaB0
アッー!!

5 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:28:05 ID:bj1YijFLO
お金がナーナナナーナナーナナーナーい!!

6 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:28:45 ID:YBa3FQdj0
完全に役者の迫力が昔より下でしょ

織田を含めそのほかも役者として軽すぎる

7 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:28:46 ID:rxAxEsrQ0
ロケットボーイズはなぜ降板したのさ?

8 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:30:26 ID:XadGZB5G0
まあ無謀と言うしかないな

9 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:30:43 ID:U7gZEkfQO
アッー!

10 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:30:57 ID:i4wM/dp2O
>>6 
それはリアルタイムで知っている役者だからだよ 
誰が出てもそう感じると思うよ 


11 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:33:19 ID:KSj760K1O
抜刀はどんな感じだった?

12 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:33:40 ID:cccQrVZa0
織田だけは演技力で劣っていなかったが、そもそも監督がダメだったので駄作。

13 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:33:56 ID:9ThV9Tuf0
織田は湘爆がピークだからね。

14 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:34:31 ID:fXem83dZ0
酷い映画
糞つまらん

15 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:35:04 ID:U2uRANsN0
この人が何故人気出るのかさぱーり分からんけど、
あまりウザさは感じないのでいい人認定。

16 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:35:11 ID:SoiWxsCw0
最近の時代劇は殺陣がダメすぎる。
桃太郎侍で高島兄のヘッピリ腰はワロタ。

17 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:35:21 ID:z4Q+ovISO
地球に生まれてよかった〜

18 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:36:14 ID:DEqwApSY0
>>11
真剣を使ってたので
遅かった。

19 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:37:26 ID:kw2J3ejT0
三船敏郎に勝てるわけないのに

座頭一もリメイクらしいけど

勝新太郎に勝てるわけないのに、恥かくだけ

やめてほしい

あれ以上の俳優でやれないんなら、絶対リメイクすべきじゃない

誰も望んでないのに、やる必要はない

20 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:38:43 ID:otq8D36+0
自分の作品に自信を持つのはいいことだけどさすがに黒澤作品に勝利宣言はアレだな

21 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:38:55 ID:nniGA9/T0
ホント殺陣がヘタクソだよな
ガイジンのチャンバラと ま っ た く 変わらない

22 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:39:11 ID:osX0uD9t0
舞台って結構長いんでしょ?
ウンコ我慢できんのかな?

23 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:39:26 ID:OfPL9l4Z0
今は昔じゃないんだから、昔のようにできないのは当たり前。
イマ風の面白さが出てればそれでいいと思う。
……それもダメならどうしようもないけど。

24 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:40:06 ID:85cKnszR0
新春かくし芸大会

25 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:41:01 ID:cBt8E6ff0
黒澤明と三船に勝とうと思ってるなら間違いw

26 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:41:02 ID:hI/il1IaO
そうか舞台に出たがらない俳優ってうんこが我慢できないんだ
謎が解けたよ

27 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:41:23 ID:ch+N6YTOO
リメイクでも割と真剣にやってるからいいけど
スマステに出たとき
元々知らなかった発言はなんかガッカリした
てっきり映画好きかと思ってたのに

28 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:42:14 ID:vBpZrtfr0
日本映画ってPRが下手だね。

29 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:43:44 ID:P92eyEiK0
>>27
黒沢映画なんて見たことない人の方が多いだろ。

30 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:43:53 ID:HIw0njYt0
撮っているのが失楽園の監督だからな

31 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:44:44 ID:24n1bnmb0
その心意気やよし!

まあ最終的な責任は役者じゃなく監督が負うべきものだから

32 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:44:48 ID:jn9xg9snO
織田さんはガチ

33 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:45:34 ID:VYXDmuxNO
赤いカウンタック

34 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:45:38 ID:otq8D36+0
>>29
俳優なら普通見てるだろ。まあむしろハリウッドとかヨーロッパの映画人はかなり黒澤ファン多いけど。

35 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:47:11 ID:vV+AHozc0
髪型何とかしろと思った
青島のままじゃんw

36 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:50:18 ID:XM+Mdj3f0
>>6
織田の売りは軽さと軽薄さだからね。

この間、深夜に織田主演の「guy」て映画やってたが、あまりの軽さに耐え切れんかった。

37 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:52:17 ID:ssvXvonN0
動きがもっさりしてる

38 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:55:14 ID:eVndprSvO
織田の出る作品は見ちゃう
意識してなかったが役者として結構好きかも

39 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:55:25 ID:s3UA89uC0
責任は誰々とさっそく不穏な空気だぜ

40 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:56:20 ID:m4QK88670
>>36
織田主演の「gay」て映画?

41 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 17:56:55 ID:b6goXZ+/O
でもこれがヒーローに負けるようじゃ邦画オワタだな。

アイドルに負けるなんて

42 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:12:21 ID:ve0uEbxt0

オリジナルがレベル高すぎ、、、、、、なぜ?これをリメイク?

43 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:13:43 ID:9bxunYto0
え、もう公開されてんの?

44 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:14:31 ID:wX1sWPNz0
三船と比較すんのはかわいそうだろw


45 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:16:41 ID:a/BboNJO0
絶対にお前達の好きにはさせない

46 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:20:05 ID:Q9Kk4BUm0
三船さんていま何やってんの?

47 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:21:43 ID:otq8D36+0
>>46
ミセストラ部流

48 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:22:56 ID:Yn8GvE5CO
さっき観た。さすがに三船と比べたら可哀想だ。普通に面白かった。
ミッドナイトイーグルは久しぶりの超駄作だったが、残念ながら北京
原人は越えられてないな。

49 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:25:22 ID:D9CsJVLs0
同じ映画を同じように作って何が良いの?
前のビデオで見れば良いやん

50 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:27:25 ID:5K/5EYf/O
>>49
馬鹿だなぁ
織田さんの眩しい笑顔を大スクリーンで見る事に意味があるんだよ

51 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:27:31 ID:83It5Cyy0
三船にも黒沢にも負けていないというのは本当だと思う。 平成のおしゃれな映画が昭和の汗臭いウンコ臭い映画に負けてるはずがない。
制作費の桁がちがうだろw

52 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:27:41 ID:S+F6qWl30
日本の芸ノー界がいかにダメかの証明w

53 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:33:11 ID:CkKttPI+O
黒澤と三船を無駄に神格化してる奴って意外と多いんだな。この辺を支持して置けば間違いない、とか思ってんだろうけどさ。

54 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:36:46 ID:FInMhQqv0
松山ケンイチがハナクソ王子に見える

55 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:36:59 ID:XM+Mdj3f0
>>40
そーそー、ペストゲイってのね。

56 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:37:19 ID:XgxQxP4X0
>>旧作に負けないという自信を持っている。


三船と張り合ってるつもりかよ。愚かな人だな。

57 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:39:22 ID:hg1O4b8n0
三船がカンチを演れるなら認める。

58 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:40:01 ID:ajP8Ep0A0
完全に負けている。

59 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:41:21 ID:zs9HuTm50
主題歌さえ歌わなければいい人

60 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:42:53 ID:YA39/kaP0
■2007年版 椿三十郎スレ まとめ

★映画作品板で椿三十郎の1本目のスレが立ったのが、公開のはるか前で
明らかに宣伝工作員が立てたものだった。

★案の定、書き込んでいたのは、ほとんど宣伝工作員ばかりで、特に称賛してる
レスは全部宣伝工作員のものだった。

★あまりにむごいので、一般人の非難レスが増えたら、それまで大量に
書かれていた称賛レスが、数日間に渡りパッタリ消え、1つもなくなったw

★その後、また大量の称賛レスの書き込みが始まった。止める気がなさそう
だったので、放置プレーで対処

★試写会で評判が良かった、という真っ赤なウソを垂れ流した

★公開

★一般人の本当の評価が出てくるので、工作員(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

★宣伝工作員、ごまかし工作に必死で対処   ←今ここ

★反省会

61 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:47:19 ID:xltuF+kq0
西岡徳馬が好き。

62 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:55:55 ID:mD82Y+XI0
普通に前作と比べ半分以下のクオリティ
あれで旧作に負けていないとは、織田は電波だ。
織田と豊悦も三船&仲代に比べたら駄目だけど。
まーそれは、仕方がないが、それ以上に惨かったのは
特に加山雄三役の人と若侍一団及び大目付他の悪3人組
それから家老一族が下手だった。つまり、ほとんど全部だけど。
後、演出は比較しない。比べるまでもない。



63 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 18:57:49 ID:/VufYb7L0
ここは昔は良かったっていう
オッサンの気のせいスレ

64 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:02:49 ID:yM7XblZ90
>>63
映画は最近のは本当に糞だけどな
俳優のレベル低いし
まぁCG使いまくりの映画に比べりゃこれは多少マシなのかもね

65 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:10:33 ID:LoWg6Ode0
オリジナルは今の時代には合ってないでしょ 

66 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:13:09 ID:hYpK19iy0
三船敏郎のを見たことあるが、あれには絶対に勝てん。 役者が違いすぎる

67 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:14:30 ID:jtgNP3CH0
同じ脚本で作れば、監督と役者の力量不足がばれちゃうじゃんw

68 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:15:48 ID:RFoh/Zs7O
>>63
黒澤も知らない中学生は因数分解でもやってなさい(笑)
あのレベルのものを今の邦画が作れないことは、北野を始め
大勢の邦画関係者が自覚してる

69 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:16:18 ID:pzIUbWGaO
台詞は全部同じ。カメラアングルもほとんど同じ。
本家はもちろん三船に合わせて作られたもの。
コピーの森田&織田が勝てるわけがない

70 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:19:03 ID:yLm5ktS30
>>34
名作見まくって
役者として大成できるならいいけど
そうじゃないからな。演じる側じゃなく作る側の人なら
見まくった方がいいけどな。

71 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:26:02 ID:PHv0BjiW0
へぇ、三船敏郎よりも良い演技をしたって言いたいんだ、織田は。

72 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:54:17 ID:gwH9m2Xn0
まだ見てないけど(見に行くつもりも全く無いが)どうも比較にならんらしいな。こんな事始から解かっているのに何故作るんだろうか。
昔の映画見てない世代を狙ったとしたらとんだ勘違いだと思うよ。恐らく織田自身が強引にごり押ししたんだろ。正に空気読めてないな。

73 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:55:29 ID:FTJG3Zzg0
リメイクって、志が低いよな。

74 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:57:09 ID:sXGYUIAK0
やるなら「用心棒」からやるのが筋だろう。

75 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 19:58:31 ID:9SuwLMhs0

ミスキャスト

76 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 20:51:30 ID:daQY/ezL0
三十郎は三船による三船のための役だという事を再確認しただけだったな

77 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:00:43 ID:M41xloLd0
劇中の織田椿の髪型はいくらなんでもないわ
ひどい

78 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:01:28 ID:ch+N6YTOO
>>45
ホワイトアウトは少なくともがんばっとる賞

79 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:04:38 ID:vurVnAV30
中村玉緒、小林念持のベテランクソド下手俳優が支えてます。
そしてペヨンジュン真っ青の全編半笑い役者が主役です。

80 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:16:01 ID:dkXLWnCj0
黒澤明監督と三船敏郎は奇跡なんだよ

3流 アイドル芸者は現代劇でいいよ

81 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:18:35 ID:f3jubVzk0
織田は、何を演じても織田裕二。
それで、いいんだよ。


82 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:22:14 ID:ZM4OWRDy0
それじゃキムタクと一緒じゃないか

83 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:25:56 ID:sdt1NKfl0
 今日がサービスデイで良かった。まぁ千円なら腹も立たないよ。

 椿三十郎は、味付けを変えて違う品物を提示出来る可能性のある作品だった
と思うんだが、思った通り織田が変に三船を真似ようとしている見苦しい映画
だったと思う。

 元々、周五郎の原作は誰も死なない、主人公もうまい事、仕官の口を見つけたい
浪人と言う話だった。だから原作に近いキャラ設定に変更しても面白くなる
可能性があったんだよ。

 三十朗を軽薄なキャラに変えてファンが怒るような内容にするとか言う手も
あったはずなのよ。まぁそんな素人が考える愚作で無くてもそれぐらい味付け
変えられなきゃリメイクする価値なんか無いだろう。

 森田監督はシネスコの使い方下手だし、奥方がお歯黒してない玉緒だから
イマイチ奥方とお嬢さんのノンキな雰囲気も出せて無い。
 まぁほんといくらでもあるけどさ。つつきだしたら。

 あんまり真面目に考えて作ってないんじゃないかなぁ多分。

 そう思って見にいきゃ腹は立たんよ。




84 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:30:05 ID:D+rhqXn+0
織田裕二だから、初めて奴の大コケ映画記念として見たとしても、記念になりそう。
いつもヒット飛ばしてた役者だからさ。見てないけど。

85 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:31:04 ID:Xdz/0BXn0
織田はキムタクと一緒だろ

86 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:32:38 ID:nu+cIqPx0
見る気ないけど、予告見た限りじゃアングルとか台詞回しとか黒沢の丸パクリなわけなんだよね。

87 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:33:56 ID:UJ6ebyaH0
チョン髷もつけないで前作に張り合おうという、低脳ワガママ役者

88 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:34:35 ID:D+rhqXn+0
初日の舞台挨拶で、江尻みたく「別に…」って作品売りまずに終わる方がおかしい。w

89 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:35:06 ID:sdt1NKfl0
いや大コケは、しないだろ。
織田ファンは観るし面白いと思うだろうさ。

シネスコの使い方を考えりゃ不自然な織田のアップカットも多いように思った

織田ファンの為の映画としては合格なんだと思うぜ。

90 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:35:54 ID:j0SCQiqL0
フランスでは溝口信者と黒澤信者が争ってるそうだが、ゴダールの
結論だと日本最高であり世界でもトップクラスなのは溝口だそうだ

91 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:35:55 ID:rIcZviGd0
椿三十郎が


来たぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああ!!!!!!!

92 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:36:03 ID:D+rhqXn+0
上司三トリオ「青嶋君は営業の方が向いてるんじゃないの?」
青嶋「ハハハハハ…(無言で素顔に戻り睨む)」

93 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:39:10 ID:mr5Jypj90
用心棒より椿三十郎のほうがお行儀がいいというか、ションベン臭い内容だからな。
旧作で言えば加山雄三がやってた役とか。

94 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:40:40 ID:oR2E18zG0
最後に首が飛んで爆発するんだろ?

95 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:42:03 ID:veSsx1z5O
金が稼げればいいんだろ?
客が呼べなきゃ織田の価値無い

96 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:42:16 ID:sdt1NKfl0
 用心棒もそうだけど、椿三十朗は基本的に人がいっぱい死ぬ人情喜劇だからね。

 その辺を確実に森田も織田も解って無い。

97 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:42:35 ID:VYpK7y3D0
>>1 盲蛇に怖じずとはこのことだ


98 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:42:52 ID:C04q5cWl0
   /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |
  (S|| | o゚(●) (●)゚o   外人のティンコはマミタスみたいにでかくて柔らかいお・・・
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |
    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |
  (S|| |  o゚⌒  ⌒゚o |   ホントはバイブの方が好きだお
  | || |     .ノ  )|   でも、日本に忘れてきたお・・・
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |
     , -─- 、
   /    :: ヽ
  /     ノ ヽ、 ヽ  
  r-、   o゚(●) (●)゚o
 | り    ⌒ ・ィ  ヽ
 `ー!    ト-=-ァ ノ    だから貪欲にしょこしょこしまくってやんよ(`ω′)
   ヽ.   |-r 、/ /     らいいいい━━━━━━━━━━(`ω′)
     \_`ニ'_/


99 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:45:43 ID:L19E7hY10
織田は昔から大根。全然成長してない。

100 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:45:49 ID:wF/6ide70
日本 1−3 ブルガリア

○日 25-22 ブ●
●日 20-25 ブ○
●日 20-25 ブ○
●日 20-25 ブ○


101 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:48:16 ID:coMvq87r0

 
 
 
 
 
                     お金がない再放送しろ 
 
 
 
 
 
  

102 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:50:01 ID:MvbvQ5UL0
え゛ー、このリメイク…。
織田、ヅラでかくね?
正直、ダメダメな悪寒。

103 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:50:21 ID:nr5APAPZ0
何を根拠に自信を持ってるんだかねえ。
確証のない自信は自惚れと紙一重だよ。

104 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:50:38 ID:+j0h2yIr0
ほう、これ原作には田中邦衛も出てんのか

105 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:50:57 ID:g2P3Is+k0
今見てきた
織田ひどかった
コピーなんだけどコピーになってない
封切初日映画の日なのにユナイテッドとしまえんガラガラ

こういう役させるといかに三船が天才だったのかよくわかった
ラストもまるっきり原作にはかなわん
松山ケンイチも加山の生真面目さがいまいち出てない
玉緒とかの脇の歳食った俳優ははまあまあだったけど

106 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:52:01 ID:JjiyJIom0
最後の抜刀シーンは昔と同じにすると今はR指定になってしまうのと、
今の時代あれをやってもインパクトがないので別の撮り方をしたと言ってた。
で、どんなシーンになってた?

107 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:57:39 ID:+Ia9muzvO
前髪たらして何時までアイドルのつもりなんだガチホモが
椿三十郎知らなかった観てなかったって、それでも役者かよサルが

108 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 21:58:22 ID:sdt1NKfl0
 玉緒も入江たか子ほど「極端に上品」な雰囲気が出せて無かったので
笑えなかったぞ。

>今の時代あれをやってもインパクトがないので別の撮り方をしたと言ってた。

 うんインパクト無かったよ、今作のほうが。

 何でか良く解らないけど泣けて来た。

109 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:02:40 ID:g2P3Is+k0
>>106
いたって普通のラスト

とにかく画面から伝わってくるオーラがまるで違う
三船とか勝新太郎とかのエネルギーって
尋常じゃなかったんだなと
こういうリメイク見たら痛感する

110 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:04:29 ID:KaCJyO66O
ラジオのCMで織田裕二がシリアスな声を出してたんだけど、
その声からして駄作臭が漂ってきた。
見なくても声だけでダメだった。

111 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:04:52 ID:BgHRYJ5C0
映画決まるまで旧作見てなかったくせによく言うわ

112 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:09:43 ID:sdt1NKfl0
 リメイクが志低いと言っても、どうせやるなら旧作ファンをがっかり
させるんじゃなく怒らせるぐらいの作品作って欲しいよ。

 チャンツィーが菊千代やる七人の侍はそう言う意味ではこの作品より
すでに合格。

 すでに頭に来てるからな(笑)。

113 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:12:09 ID:CG8eSXNy0
松山ケンイチがCMで色々言ってるんだけど
あればコントみたくて笑える。
それで見る気が失せたといっても過言ではないのだ。

あと、織田が大上段から切りつけるシーン?
しょぼくね?

114 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:12:29 ID:nUhEzBheO
武士の一分の方がまだ楽しめたわ

115 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:25:24 ID:JjiyJIom0
>>108-109
どうも。
脚本が一字一句同じらしいので、テレビ放映まで待って最後だけ見ることにする。
当時の血しぶきドバー以上の新しい表現をしようとしたら、
それこそマトリックス並みの工夫が必要なのかもしれないが、
それしちゃうとギャグになっちゃう。

116 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:29:25 ID:YRJE0YGr0
旧作とやらを見たことがないんだけど・・・
三船とかも知らないし・・
比べようとも思わないしね。
ま、織田裕二の作品は欠かしたことないんで
見にいくつもり。

117 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:35:53 ID:qji+3PPq0
>>116はj完全新作として楽しめる訳だからある意味でうらやましい。

118 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:37:49 ID:VXuGolRJ0
黒澤作品のリメイクってことで、海外にも売り出すのか、これ

119 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:38:15 ID:UJ6ebyaH0
織田がタイムスリップして、江戸時代の武士世界にお節介の肩入れを
する時代劇にしか見えん

120 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 22:41:31 ID:daQY/ezL0
世界のミフネとまで呼ばれた人の脂が乗り切った時代の作品だからな
これに負けないという事は自分は世界トップクラスの役者ですと言ったも同然だがそこまでの覚悟あるのか

121 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:36:24 ID:TQ275Wpj0
きっと自分の言ったこと半分の意味も解ってないよ織田は。


122 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:41:19 ID:0RCsMiHa0
リメイクが前作を越えた例ってあるのか?

123 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:42:06 ID:bEAsa6xr0
まあ、これで、踊る3への着手が数ヶ月早まった訳だ。
良い事でしょ。コケ確定だし。地方の入りが酷い。

124 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:43:48 ID:D+rhqXn+0
共に生きてる役者に興味持つのは普通で健全な事だと思うけど、
なんで、昨日の金曜ロードショーで「ローマの休日」なんて白黒映画放送しといて、
世界で評価された、黒澤映画をデジタルリマスターで放送しないのかがいつも疑問…。
自国の代表作知らないなんて恥ずかしいと思うけど…まあ無理か。

125 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:45:51 ID:D+rhqXn+0
>>122
黒澤・三船映画がヒューマンドラマで、深いものがあったにも関らず、
今回話を聞いてる限り、完全に娯楽のチャンバラ映画になった予感。

126 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:45:58 ID:m8ZK77r70
>>122
ガス・ヴァン・サント監督の「サイコ」

127 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:47:07 ID:D+rhqXn+0
NHKの木曜時代劇の殺法とかがドンドン映像進化で凝ったものになってるのと同じのような。

128 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:50:55 ID:WmonCTSP0
ttp://blog.drecom.jp/tomzone-blog3/img/59/tsubaki_s_06.jpg

これに勝てるわけがない

129 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:51:02 ID:+wYcLHnl0
1時間のラジオ番組〔トーク30分 曲流し30分〕を収録する場合、MCの収録時間って何分ぐらいになるのかな?
トークの30分?

130 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:51:07 ID:K9tBpR5p0
【ボクシング】ガッツ石松「今回は謝罪会見ではなく、ただの復帰会見」「まだ自分の力を過信しているようだ」・亀田興毅の会見にコメント
1 :どあらφ ★:2007/11/30(金) 17:22:31 ID:???0
ガッツ石松さん「まだ自分の力を過信」 亀田謝罪会見で

元世界ライト級王者のガッツ石松さんの話「今回は謝罪会見ではなく、ただの復帰会見。
自分が犯した問題をもう済んだことにしているように見えた。自分のしたことへの見解を
述べて、謝るべきことは謝るのが謝罪。会見の中では内藤選手やボクシングファンに
対する言葉がなかった。まだ自分の力を過信しているようだ。それが“亀田流”といえば
そうなのかもしれないが、はっきり言ってボクシングの実力はまだまだ。このまま勘違いを
続けるのかもしれないが、流行は続かない」

引用元
http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/071130/mrt0711301700013-n1.htm


765 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 14:17:49 ID:qmDzfAyB0
>>29 は天才



766 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 15:54:05 ID:wxGjXMqY0
テロ朝にガッツ出演中。


767 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 16:20:43 ID:9edMeTB70
ガッツさんが言うまでもないけど、まあコメントは至極真っ当というか。
どこの世界に斜め上向いて謝罪する奴が居るのかと聞きたい
頭下げりゃ良いってもんじゃないのだが
頭下げりゃええんやろ、くらいにしか思ってないわけで



131 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:52:17 ID:YSCno9MuO
つっても黙ってるだけで深いってのもわかりにくいわな。沈黙は金なりっすか?

132 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:52:44 ID:FoqWjzWq0
今日観てきたけど、前作もあのようなコメディータッチなの?
なんだか森田監督がなぁ…。
織田裕二は、青島でしかなかったけど楽しめたよ。

133 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:52:46 ID:gg7wgD0s0
>>122
スタローンの「追撃者」

134 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:58:17 ID:D+rhqXn+0
今現在、ダーティハリーとかみたいな、当時のニヒルさ罪悪感を伴う殺人戦争ものは、流行らないつう事だろうかね。
面白かったとしかファンの軽い娯楽感想だけなのが気になる。
踊る大走査線の時は、すみれさんが一人撃たれただけで、静まり返ってたくせに…。

135 :名無しさん@恐縮です:2007/12/01(土) 23:59:43 ID:m67gO5C30
でも三船の持つ野性味は無い。

136 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:01:25 ID:D+rhqXn+0
それとも、ネタバレになるから皆伏せてるだけか?

137 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:03:01 ID:hI/il1IaO
リメイクの方が良かったのは白い巨塔だけ


138 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:04:24 ID:VlvlXY4gO
リメイクは難しいわな
おまけに黒澤三船コンビの椿だろ?
森田織田では…

まあ用心棒よりコメディタッチだから、織田もやりやすいとは思うけどね
つうか織田はベストガイをリメイクして名誉挽回せよ
ありゃ最悪だった

139 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:07:50 ID:KVSnzj760
>>122
遊星からの物体X


140 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:24:30 ID:KVSnzj760
元が90分にまとめたものを
120分弱にしたら間延びするわな。

三十朗も室戸もがんばっていたと思うが力不足は否めないし
残りの配役も本当にオーディションしたんか?




141 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:29:48 ID:IYz3bWYS0
>>126
あれはカット割りまで一緒の、オリジナリティが全く無い駄作。

142 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:41:07 ID:G9C6t6ej0
猿真似やって負けない自身があるといってもなあ
まあ真似にすらなってないんだけどな( ´,_ゝ`)

143 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:44:25 ID:kxswfZusO
じゃ、次回は銀魂の実写版でも作ってもらうかな。
下手に昔の大作をリメイクするよりは、ある意味で楽だろ。

144 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:45:34 ID:nqJDlZBz0
まあとにかくお前らクロサワの映画を3本みろ。
話はそれからだ。
ちなみに何をみてもいいが、
デルスウザーラ以前の映画にしろよ。


145 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:45:43 ID:RnzxGova0
前作に勝ってると言わない所が織田さんの奥ゆかしいところなんだよ。

146 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:47:01 ID:clINMDIu0
まあそりゃオリジナルに負けてますとは口が裂けても初日舞台挨拶では言えないだろw

147 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:47:01 ID:TOrFGcOWO
三船オタだが、織田は三船を越えたと思った
やられたね

148 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:47:37 ID:ADMsKj/vO
>>143
原作の漫画が糞だから安心して切れるw

やるなら酔いどれ天使の方が良かったんじゃないの?
あれを現代風にして…ってあれ?踊るになっちゃうな…。

149 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:49:17 ID:oA8i7uTs0
なんでデビュー作が「主役」なんだよ? 江口洋介の脇役だろ?
オーディションで、アドリブで江口洋介の横っつらを張ったら、
キレかかった江口洋介にメンチ切られてビビってたのをオレは覚えてるぞ。

150 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:50:52 ID:8aUVUy+N0
>>140
若手は、期待を裏切り
セリフもまともに言えず
リテイクを数十回繰り返して
撮影所のペースを壊しまくったw

撮影が昨年から続いていたので時間は充分あったが
若手のオーディションのセレクションが、有名無実で
結局プロダクションの仕込みばかりが専横
本当の意味での力のある若手をセレクトしたわけではないことがハッキリ解るでしょうw

151 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:51:17 ID:oFBzvzxrO
松潤長澤阿部の黒澤リメイクの方がいろんな意味で楽しみ

152 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:53:13 ID:yBAz+kw2O
モーリス・グリーンがはぇ〜んだ

153 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 00:59:47 ID:IZuofIPk0
役者は今の日本映画の中じゃ水準よりかは上
頑張っていたと思うよ

でも面白かったと問われたら面白いとは言えないと答える
つまらないかと言われたらつまらなくはないと答える
「何かが足りない」そんな微妙な映画

154 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:01:20 ID:ZlYdDBo6O
黒澤明の「椿三十郎」が好きな自分は
一応見てみたい。
ラストが違うらしいし。
黒澤作品は「どですかでん」までが好きなんだが。

155 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:04:14 ID:ADMsKj/vO
>>153
経歴上、黒歴史にするのには都合のいい映画ってことか。

156 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:04:48 ID:CrqvBZWg0
精魂込めてって言ったところで
完璧主義者の黒澤と三船の半端じゃない精魂の込め方を超えてないだろ
その時点で負けてるんだよ 鞘に収まった三十朗なんだよ

157 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:17:34 ID:OH95QlcdO
今日有楽町の映画館の裏で出待ちみたいな行列があったけど
この舞台挨拶でもあったのかな?

それにしても有楽町は宝くじの行列もすごいね
初めて行ったけど人大杉で頭痛くなった

158 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:20:58 ID:sVRaZzR9O
主役は渡辺謙クラスの俳優じゃないと原作に失礼だな。

159 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:23:40 ID:IZuofIPk0
真田広之だろ

160 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:33:21 ID:fb6Vea2s0
三船の敏ちゃんは、米アカデミー賞でリスペクトされるオーラのある俳優。
織田は比べられるのは気の毒だよ。
格が違いすぎる。


161 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:37:50 ID:kDct8+6I0
>>68
亀レスだが、中学でやるのは因数分解ではなく、素因数分解ではなかったっけ?
遠い記憶

162 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:41:23 ID:RVawhjfv0
ケッ。ホモでそーかのくせして!
( ゚д゚)、,,ペッペッ!


163 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:44:49 ID:q1q2m2kFO
椿三十郎>ミッドナイトイーグル

164 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:54:26 ID:tkX5ox5K0
精魂込めて黒澤映画をリメイクするなら、スターウォーズぐらい頑張れよ。
志が低すぎ。
一体全体この映画の価値って何なんだろう。邦画の迷走は止まらないね。


165 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 01:57:26 ID:sVRaZzR9O
とことんリメイクするなら三十郎役は内野聖陽だな。彼ほど三船を彷彿とさせる俳優はいない。演技力も殺陣も申し分ない。

166 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 02:01:38 ID:H0gLcGvi0
40歳にしては若いよね。
いつまでもアイドルっぽいのが
時代劇には仇となってる?
でも、いいや、織田オタは、
とにかく織田が観れればOK。


167 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 02:22:08 ID:clINMDIu0
映画観てないけどTVで見る限りでは織田三十郎には華があると思う
やっぱそこは大事な要素だと思うな

168 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 02:26:06 ID:8aUVUy+N0
>>167
そんな無理やりな論理あるかよw

ネットで見掛けたおもろい織田三十郎への論調

三船は千両 織田は十円

169 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 02:33:08 ID:vFEFWk7z0
村川絵梨ちゃんの方が数億倍杏よりかわいい

170 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 02:33:30 ID:6/y7JwD10
フジTVの隠し芸大会かと思ったよ、顔まねまですることないじゃん

171 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 02:36:17 ID:J3D5l+mTO
おおー これ見たい!

172 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 02:44:40 ID:J3D5l+mTO
予告見て、
久々に「お金がない!」の時の織田裕二みれる役かな?
と期待

173 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 02:45:48 ID:joU/YDrK0
旧作に負けないわけないだろ馬鹿

174 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 02:49:52 ID:84sY1ZzG0
若侍を引っ叩くシーンはオリジナル同様ちゃんと叩いてるのかな

175 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 03:27:21 ID:sZy2tiSH0
この国でマトモにオーディションがされる訳がない。

176 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 04:05:10 ID:Cflcal4E0
>>132
旧作は「痛快娯楽劇」
コミカルなところ ” も ” ある。
でも普通に格好いいし面白い。政治の話とか、ジンと来るところも多く、
緩急がついててすごくいい。
三船の仕草まで笑えたりする。

これを織田版で最初に見ちゃうと不幸だな。
話自体も面白いから。



177 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 10:15:15 ID:clINMDIu0
マッチさん(島田勘兵衛)
アカサカ(菊千代)
トキオヤマグチ(五郎兵衛)
カツンタナカ(七郎次)
ブイシックスサカモト(林田平八)
スマップクサナギ(久蔵)
アラシニノミヤ(勝四郎)

178 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 11:09:19 ID:ycf0mMExO
織田さんの映画って1本当たったら 必ず次回作はこけるよね
大丈夫!次は大ヒットだよ

179 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 11:13:23 ID:fr+5tOao0
猿人間1号の演技で椿をやるとは・・・
JRAのCMでも分るが、歌も下手なのに人気があるのが理解できん。

180 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 11:16:39 ID:RL8p6L4Q0
>>179
お前の好みなんて知りたくもないが。

181 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 11:24:46 ID:fr+5tOao0
教えとらんぞ、ハゲ。

182 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 11:25:09 ID:FZC0kPoSO
織田よりTOKIOの不精髭の長瀬の方が似合ってんじゃねぇの? もちろん年齢無視の話だけどな。

183 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 11:39:42 ID:RL8p6L4Q0
>>181
書かれたら困るからあらまじめ、忠告してるだけだよ。
オエッ。キモイ。

184 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 12:16:33 ID:8zZK1vaK0
リスペクト=パクリ、ってことになったら芸術は終わり。
いつからそういうことになったんだろう、ここ10年ぐらいの流行か。

185 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 20:25:48 ID:H0gLcGvi0
TVで、大ヒット上映中と出てるそ。


186 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 20:29:12 ID:HaSqdTLS0
三割の入りで?

187 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 20:41:59 ID:RAAHjpBcO
織田スレ立ち過ぎ

JRAのCMお疲れ様でした。

188 :名無しさん@恐縮です:2007/12/02(日) 20:50:46 ID:bDXzOAbI0




■2007年版 椿三十郎スレ まとめ

★映画作品板で椿三十郎の1本目のスレが立ったのが、公開のはるか前で
明らかに宣伝工作員が立てたものだった。

★案の定、書き込んでいたのは、ほとんど宣伝工作員ばかりで、特に称賛してる
レスは全部宣伝工作員のものだった。

★あまりにむごいので、一般人の非難レスが増えたら、それまで大量に
書かれていた称賛レスが、数日間に渡りパッタリ消え、1つもなくなったw

★その後、また大量の称賛レスの書き込みが始まった。止める気がなさそう
だったので、放置プレーで対処

★試写会で評判が良かった、という真っ赤なウソを垂れ流した

★公開

★一般人の本当の評価が出てくるので、工作員(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

★宣伝工作員、ごまかし工作に必死で対処   ←今ここ

★反省会




189 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 11:00:50 ID:P5r4hHGi0
いっそ、黒澤映画知らない奴は、一生死ぬまで見なくていい。
荒らされるよかズットマシ。
わざわざ、織田&森田にPRしてもらわなくても、見る奴は見るよ。
荒らされるぐらいならリメイクなんてせず、そのまま、墓に葬ってくれ。そのほうが神聖さを保てる。
あがめたくない奴はあがめなくていい。
一生見なくて子孫にも伝えなくてOK。

190 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 11:08:53 ID:4D6t5PDu0
インターネット時代は結果が出るのが早いね。
2週で打ち切って、正月にテレビで流すって噂がホントになりそう。

191 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 11:14:00 ID:B9TXhTx30
いくら素材とテーマがよくても、料理人が下手だと駄目だという感じだね。
森田 もう監督やめなよ。

192 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 11:14:32 ID:wRSfsoWM0
 韓国の金卿文監督は「(国際野球連盟=IBAF=の)ルールは破っていない。いいとは思わないが、今回のルールでは、うそのリストを作ることもできる」と釈明。

193 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 11:18:21 ID:6jw9dCAA0
旧作にはなかったカタルシス?
充分にあったけど

194 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 11:19:39 ID:lN9GfuN40
>旧作にはなかったカタルシス

時間と金を無駄に使ったぜイヒヒ……という倒錯した快楽

195 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 11:29:28 ID:Gx+5AXeK0
>>189
マルチ(・A・)イクナイ!

196 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 11:52:11 ID:Fzwd9ZVz0
>>191
そもそも「素材」=「黒沢作品」「世界のミフネ」
そして「テーマ」=「リメイク」
だから最初から勝負あり。
志が低過ぎ。

197 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 12:19:49 ID:1GsuMSVA0
映画の日に見に行って良かった。
"金返せ"とは言わないけど何かピリッとしない。
続けてみたXXは大満足だったんだが。

198 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 12:27:11 ID:2d7J+rcPO
三船が持っていたあのギラギラした目と粗暴な雰囲気はいくら製作費をかけても再現できないとだけ言っておこう。
戦争の火をくぐり抜けてきた世代には独特の迫力があるよね。

199 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 12:34:13 ID:MQ5U/yrJ0
叩かれる覚悟で、引き受けた織田の勇気讃える。
リメイクは、必ず比較されてボロクソ言われる。
織田は、いい俳優だよ。過去に、素敵な作品
イッパイあるだろ。そして先もある。椿は通過点。


200 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 12:36:35 ID:P5r4hHGi0
完全に織田への愛が冷えました。次?さあな。

201 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 12:45:25 ID:8as7RuKJ0
織田裕二さんのオーラ
http://nameall.cosotto.com/aura/result/?nn=%E7%B9%94%E7%94%B0%E8%A3%95%E4%BA%8C
三船敏郎さんのオーラ
http://nameall.cosotto.com/aura/result/?nn=%E4%B8%89%E8%88%B9%E6%95%8F%E9%83%8E

松山ケンイチ(′ω`)
http://nameall.cosotto.com/aura/result/?nn=%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%81
豊川悦司
http://nameall.cosotto.com/aura/result/?nn=%E8%B1%8A%E5%B7%9D%E6%82%A6%E5%8F%B8
鈴木杏
http://nameall.cosotto.com/aura/result/?nn=%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%9D%8F

202 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 12:59:42 ID:odn7LDMkO
擁護してるやつらってオリジナル観て無いでしょ

観てたら、あのリメイクに何の意味があるのかと思うはず

脚本は良かったし、現代の撮影技術ならではのダイナミックな画もある
でも正直、この映画には面白さを感じない
時代劇コントみたいな娯楽性
主人公に強いカリスマ性を感じない
ラストの闘いに緊張感がない


203 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 13:00:10 ID:6iWSyj84O
最近の織田さんは踊るスタッフと更に確執深まった感じだなあ。
まあ結局踊る3はないんだろうな…orz

204 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 13:13:45 ID:d/kdGxox0
織田は三船ファンの俺にケンカを売ってるのか?
神聖な黒澤ワールドを汚しやがって。

205 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 13:16:14 ID:YgQO3cqH0
>>202
感想は人それぞれっだって。
ダメだと思った反対に、良かったと思う人間がいてもいいじゃないか。
>>203
スレチだよ〜
なんで椿スレ読んで、確執が深まったなんて話しがでてくるんだ?

206 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 13:46:51 ID:+zLFaPU0O
客は男優めあてのババアばっか><
リメイクの意味なし

207 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 13:59:13 ID:YzrpzfcGO
みんな映画にも詳しいなあ
知らないことないよね

208 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 14:11:04 ID:UZZCULVl0
数ある用心棒のセルフリメイクもなんだかなぁな出来の作品が多いわけだし
まぁこんなもんじゃねーの?

209 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 14:28:31 ID:L2lfn5NN0
脚本も設定もそのままリメイクって分だけ、痛さ倍増だけどな。

210 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 14:30:42 ID:WiBdCGtK0
この手のスレでことさらに三船が黒澤がと言いたがるのは
真のオリジナルファンじゃないことは確かだ。
「このスレを見ている人はこんなスレも見ています。」
に黒澤・三船・原典関連スレなんて一切見当たらない↓



211 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 14:40:33 ID:e4MpvGJi0
椿三十郎 35点(100点満点中)
http://blog.livedoor.jp/tsubuanco/archives/51095550.html
> 単なる劣化コピー
> 完全な失敗作

212 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 14:40:42 ID:Fzwd9ZVz0
どうせ同じ脚本も設定でやるのなら
「サイコ」のリメイクくらい徹底してやればいいのに。

213 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 14:43:53 ID:nu8Swb1iO
>>203
この映画、とんでもなくコケてるから踊るやる気になるかもしれない。

香取がスマステで、3作ってくださいって言った時は微妙な表情してたけどね

214 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 14:45:35 ID:SKLniZq60
キムタコよりはいい役者だ

215 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 14:55:29 ID:Fzwd9ZVz0
>>211のリンク先に、言いたいことが全て完璧に書かれているw
今回の「椿三十郎」よりも出来がいい評論だw

216 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 15:08:17 ID:hkn9ptRI0
今やってるテレ東の昼の再放送の忠臣蔵とかを
見ると役者不足なのをつくづくと感じる
三船対丹波くらいの重厚感、フィルムを含めて全体に漂う時代劇ならではの雰囲気。
テレビ局は撤退ばかりで、もう再放送しか見る事も出来なくなってきてるけど
腰高、ヘロヘロジャニを主役に据えたりしてるのを見るよりは再放送のほうがよっぽどマシだって
事が作り手側もわかってるんだろうな

217 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 15:27:02 ID:sLCpY4ia0
大コケガラガラ

218 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 15:33:42 ID:Fzwd9ZVz0
睦田の役を藤田まことが演じては台無しだわな。
温水とか江頭とか宮崎県知事みたいなキャラじゃないと駄目だろ。

219 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 15:37:49 ID:Mg1sRkJ80
>>211
>旧作で田中邦衛が演じた若侍を今回は一太郎が演じているが、
>その演技スタイルが口元の動きまで田中のコピーであるなど、
>織田以外でも演技、演出がコピーに尽きている事からもそれは明白だ。

これってマジなの?
予想を上回る酷さだなぁ・・・

220 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 15:40:55 ID:FHnPUBJn0
織田さんって、多田野さんの部類に入るんですか?

221 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 16:39:01 ID:4D6t5PDu0
森田はわずかなカネと引き換えに悪魔のプロデューサーに魂を売った監督として
後世に名を残すだろう。
心ある映画ファンや関係者を全部敵に回して生きていけるのかいな?

222 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 16:41:45 ID:UhptsD6k0
再放送してる大忠臣蔵見てみろよ
三船だって十分下手な役者だ
こんな大根役者の代わりは見当たらない

223 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 16:51:14 ID:PrinDZEs0
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【織田裕二】椿三十郎 十三刀目【森田芳光】 [映画作品・人]
織田裕二 part75 [芸能]
興行収入を見守るスレ184 [映画一般・8mm]
織田裕二 14 [男性俳優]
【芸能】織田裕二「旧作に負けていない」…椿三十郎舞台あいさつ [ニュース二軍+]
【裁判】見てもいないNHK衛星放送の受信料、「契約自由の原則の例外」として支払の義務を認める…大阪地裁堺支部★2 [12/01] [ニュース速報+]
織田裕二の噂 Part2 [噂話]
【織田裕二】椿三十郎 十四刀目【森田芳光】 [映画作品・人]

何これ・・・・・・・・・・・・・

224 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 16:51:36 ID:Mg1sRkJ80
三船もいい加減大根だが格の違い過ぎる大根だし
だいいち三十郎はその大根の数少ない当たり役。
コレを超えられる演技が出来る役者は今の時代に見当たらない

225 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 16:52:18 ID:EW8cRPv4O
ねばねばねばねばねばねばねば

226 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 16:54:02 ID:GaeT+JUF0
予想外に面白かったという夢をみた

227 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 17:01:54 ID:5tJRVzKsO
織田さん、落ち込まないで下さい。
あなたに三船さんは越えられないけど
三船さんも青島は演じれませんから…

いやいやいや、やっぱ観たいぞ三船の青島ww

228 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 17:11:40 ID:XshoxI3h0
俺ならダイハードを時代劇でリメイクするな。

229 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 17:22:04 ID:Gx+5AXeK0
>>223
専ブラ使いじゃない安置の走り回ってる様子。

230 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 17:53:03 ID:mOvnRuLGO
三船を大根と言ってる奴は赤ひげ観たのか?素晴らしいぞ。

231 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 20:46:33 ID:5VXM4MDe0
《12/1 〜 12/2》 【全国ランキング】
今週 先週 作品名 配給会社  公開週 
1 1 ALWAYS 続・三丁目の夕日 東宝 5
2 2 恋空 東宝 5
3 NEW ベオウルフ −呪われし勇者− ワーナー 1
4 NEW 椿三十郎 東宝 1
5 3 バイオハザードV ソニー 5
6 4 ボーン・アルティメイタム 東宝東和 4
7 5 ミッドナイトイーグル 松竹 2
8 7 YES!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険! 東映 4
9 6 クローズ ZERO 東宝 6
10 8 ソウ4 アスミック・エース 3


合掌

232 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 20:49:35 ID:FahTFnYK0
初動は1億だってさ。
最終的に7,8億いけばいい方。10億いけば御の字って感じ。

目標60億で、大宣伝攻勢かけてこの結果。

マジで椿は今年最大の大コケ映画だよ。
本当にここまで悲惨なコケっぷりは久しぶり

織田の化けの皮が剥がれた瞬間だな。

233 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 20:49:44 ID:S1lPZegm0
織田裕二って何役をやっても結局その役のキャラじゃなく織田裕二にしかならないよね

234 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 20:50:09 ID:fQ16OKqz0
台湾に負ける

235 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 20:50:34 ID:+7kJKMRs0
あれだけこの世の春を謳歌してた東宝もそろそろ没落か

236 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 20:51:25 ID:DDeXeQV00
三船は顔が渋いんだよな。
娘はアレだけどw

237 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 20:54:51 ID:x02/bgdy0
まさか黒澤・三船に勝つつもりでリメークしちゃってたりしちゃったとは
お天道様でも知らぬめえ……


238 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 20:56:37 ID:KzXfMEej0
おまんたせいたしました

239 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 20:58:47 ID:q+nJDQzn0
>>227
三船は青島生まれだぞ

240 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:08:59 ID:bCzR64S20
だから森田も織田も止めとけばよかったのに…ミモフタもない言い方だけど
大体中途半端なんだよ 三船を想定した脚本をそのまま使うなんて
織田用に脚本書き換えれば(勇気いるけどね) もっとマシだったかもよ?
ま、しょうがないね 椿にこだわった森田と断ることもできたのに引き受けた主演俳優の織田の責任
それとも企画に無理があるとか…まぁ、東宝さんが考えることだけどね 敗因なんてw

241 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:13:32 ID:ryQeHFk40
織田は若侍衆で三十朗は佐藤浩市あたりだったら納得しちゃうんだけどなあ


242 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:15:13 ID:1LM0S29X0
アナルラ〜イフ♪

243 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:15:47 ID:G4fXJy7E0
春樹に金を出す東宝が判らんわ…
ドブに捨てるようなもんじゃないか

チンギス・ハンの生まれ変わりに近づくなよw

244 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:16:23 ID:dy4Id5zo0
佐藤も無いわぁwwwwww

245 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:18:46 ID:g9TrCA3X0
普通に面白かった
ODAさんはやっぱりかっこいいね

246 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:21:38 ID:Mg1sRkJ80
佐藤では客は呼べない
織田を使うなら年上の浪人崩れを無しにして
どっかに出奔してたガキ大将ぐらいの役でないと。
それなら作りようはあったと思われが
森田もいうほど頭が回らない奴とは思わんが。
織田が違う役に挑戦したがったのかなぁ・・

247 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:24:02 ID:ryQeHFk40
>244
>246
無いッスか・・・呼べないッスか・・
今活躍してる俳優で、
あんなぶっきらぼうに演じる役者が
他に見当たらないんだよねー
あと無精ひげとかさ

248 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:25:29 ID:FJ/VZ36FO
今の織田は客を呼ぶ力はないよ

県庁が踊るの影響を受けてヒットしたがそれが限界だろう

249 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:26:20 ID:dy4Id5zo0
ラスト変えた理由が旧作と違うラストにしたいといった
挑戦的な理由じゃなくて血が吹き出るとR-15になるから
変えたんだよな・・・若い人に見てもらいたいのは分かるけどさ・・・

250 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:36:02 ID:uhLOl5cR0
斬殺した相手の刀を鞘に納めてやる行為に至っては、
「いい刀は鞘に納まっている物です」の言葉を完全に曲解した愚行の極みである。
己の意地によってもはや必要のない決闘を挑み、虚しく敗れ散った者の遺体を、
他人目から「刀を抜く事もなく斬られ死んだ」と見下げられる状態にしてしまうなど最大の侮辱ではないか。
これを「上手い解釈だ」などと悦に入っている様を思うだけで反吐が出る。

これマジか。一応観ようと思ってたけどこれが本当なら観る必要はまったくなさそうだ。
ありがとう>>211のブログを書いた人。時間を無駄にせずに済んだ。

251 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:40:35 ID:p623bWjl0
>>241
佐藤浩一って、主演映画が9割方ぽしゃる俳優だよな。w

252 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 21:55:42 ID:zo3+1xfb0
>>250
まじだけど、その前の変更の方が大きいよ。
武士の作法については詳しくないけど
9人の若侍が二人の決闘を見ていたわけだから
「刀を抜く事もなく斬られ死んだ」とは伝わらないと思う。


253 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 22:30:11 ID:KBEN7ehb0
>>232
制作費、回収できそうか?
椿の制作費がいったいいくらなんだ?

254 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 22:36:41 ID:pKC62XFdO
>>240
織田用に演出は変えている面白いかどうかは不明
トレイラー見た感じはクドカンや三谷の劣化版

255 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 22:40:27 ID:rt9ee/Zt0
>>228
中富城、が舞台なんだな

256 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 22:43:28 ID:pKC62XFdO
織田の椿は 若年層を意識し過ぎて中途半端だと思う
1番時代劇を見るジジババを無視している

テレビじゃみるけど映画館まで行く価値を見出だせない映画

257 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 22:57:05 ID:MQ5U/yrJ0
40代になったら「失楽園」みたいなのに
チャレンジすれば良い。いつまでも、爽やか青年
のイメージが抜けないのがキツい。大胆な濡れ場
シーン、オタも許してやれ。相手役は、若手・沢尻〜
ベテラン・飯島直子まで、候補はイパーイ・・・・。


258 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 23:02:41 ID:iyJQqtwS0
>>257
いやもうおっちゃんの濡れ場は誰も見たくないんじゃないかと
ヲタ以外ね。。
若いうちに裸は見せるべき

259 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 23:05:16 ID:bwBCKhD10
三船の濃さがどうしても強烈だから対抗するだけ無駄だわな。

260 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 23:13:37 ID:wUw/nDFdO
壮絶にコケたな
気の毒がられて存在がスルー気味な記事


●12/3更新 12/1〜12/2集計

先週のトップ2がそのまま順位をキープ。首位の「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、観客動員270万人、興収33億円を突破し、前作がもつ動員284万人、興収35億円という記録にあともうひと息というところ。
記録を塗り替えるのはもはや時間の問題だろう。依然好調の「恋空」も2位を保ち、興収30億円を目前にしている。
一方、映画の日に封切られた新作2本が初登場。まず、3位にはロバート・ゼメキス監督の壮大なファンタジー「ベオウルフ 呪われし勇者」。
俳優の演技をコンピュータに取り込む“パフォーマンス・キャプチャー”による大迫力のCG映像が話題で、専用のメガネをかけて鑑賞する“3D上映”も全国28館限定で公開。そのスクリーンから飛び出す立体映像は一見の価値あり。
また4位には、黒澤明監督の名作時代劇を45年ぶりにリメイクした「椿三十郎」がランクインしたほか、惜しくも圏外スタートとなった松下奈緒、鈴木亜美主演のホラー「エクスクロス 魔境伝説」が11位に登場した。

261 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 23:18:02 ID:UhptsD6k0
http://www.cinemanavi.co.jp/info/last.html
5週目の恋空(笑)にも負ける初登場の椿三十郎

良くも悪くも三船だけの映画なんだからリメイクなんて無駄


262 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 23:34:07 ID:1fHIPRVD0
織田如きが黒澤監督×三船敏郎ディスってんの?w

263 :名無しさん@恐縮です:2007/12/03(月) 23:59:00 ID:Yqhhw14K0
http://blog.livedoor.jp/tsubuanco/archives/51095550.html

264 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 00:46:13 ID:tycgQXsxO
今度のドラマはエロシーンで視聴率稼げよ!!

265 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 00:55:25 ID:UspHNaa70
ウンコバラエティでやスポーツ中継でお笑い芸人同然の振る舞いをしておいて
役者とは片腹痛いな

役者を自負するならお笑い番組で自分を安売りするなよ
勝新やヨロキンがお笑い番組で媚売ったことがあるか


266 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 01:32:26 ID:Qvq7hbG20
>>265
時代が違うじゃんw
今やバラエティー花盛り。
それでも織田は、その手の番宣、他の俳優に比べて
少ない方だよ。歌番組も、たまにしか出ないから、オタも
ありがたがってる。


267 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 05:06:43 ID:nRhAqOIi0
>>257
いや織田にその類の恋愛物ってのはもっとキツイ、というかキモイ気がする。
なんつーかこの人に色気を全く感じない。
ヲタは違うのかもしれないけどw

268 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:31:49 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

269 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:31:58 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

270 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:32:01 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

271 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:37:20 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

272 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:37:23 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

273 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:52:59 ID:Qvq7hbG20
旧作に負けない、発言が、まずかった?
シネコンは、そこそこ入ってたよ。

TBSドラマが、崩壊しちゃってるらしい・・・
恐いもの無しの、織田さんに来年「おとうさん」
で出演依頼。奥さん役・深津絵里
子供達・田中聖(KAT-TUN)、蒼井優
どうよ?


274 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:55:05 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

275 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:55:23 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

276 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:55:38 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

277 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:55:47 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

278 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:56:19 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

279 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 09:57:51 ID:TIeBlIdi0
シリアス作品じゃない時点で期待が失せた。
予告見る限りでは、織田裕二が時代劇をやってるだけに見える。
いいかげん年齢的に、質の高い作品に出た方がいいと思うけどなぁ。
風林火山なんて、地味だけど役者が揃ってて面白い。
ガクトみたいに徹底してなりきっているキャラの方がまだましだと思う。

280 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 10:15:11 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

281 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 10:15:19 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

282 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 10:15:25 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

283 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 10:17:07 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

284 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 10:17:10 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

285 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 13:20:56 ID:r/CH8fO/0
>>211のブログの他の批評も読んだが
文章力あるから説得力ある風に見えるけど
複線の見落としや主題の意味を取り違えてたりしてて
批評サイトとしては結構あれだなw椿の点数に関しては同意なんだけど

286 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 13:41:53 ID:ixmUBPQw0
完全に前作を超えたね。 
黒澤三船もあの世で悔しがってると思う。

287 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 14:20:16 ID:HUfRBq6J0
12/3更新 12/1〜12/2集計
順位 先週 タイトル 配給 公開週
1  1  →  ALWAYS 続・三丁目の夕日  東宝  5
2  2  →  恋空  東宝  5
3  - .New  ベオウルフ 呪われし勇者  ワーナー  1
4  - .New  椿三十郎  東宝東和  2
5  3  ↓  バイオハザードIII  ソニー  5
6  4  ↓  ボーン・アルティメイタム  東宝東和  4
7  5  ↓  ミッドナイトイーグル  松竹  2
8  7  ↓  Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!  東映  4
9  6  ↓  クローズZERO 東宝  6
10 .9  ↓  ソウ4  アスミック・エース  2

日刊興行通信調べ(全国集計)


288 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 14:46:06 ID:j4quy90G0
勝ち負けって言葉を出した時点で終わってる感が。
映画ファンに拒絶反応起こさせてどうする。
リメイクという仕事は否定せんが、もちょっとうまく広報やんなさいと言いたい。

289 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 15:32:03 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

290 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 15:32:05 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

291 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 15:32:11 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

292 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 15:32:55 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

293 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 15:32:59 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

294 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 15:33:07 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

295 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 15:33:49 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

296 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 15:34:03 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

297 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 15:37:36 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

298 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 15:37:38 ID:vRoldczA0
ID:PcJee2pgO

299 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 17:41:27 ID:+kOMLGMK0
リメイクで売るなら「新しさ」を出すのはいいけど、前作を超えたとか言って
どうすんだ。
それだけ前作ファンは絶対に行かないだろ、見に。
織田はアホだなあ。



300 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 17:45:45 ID:t0wrRKRG0
見に行かないのは前作ファンだけじゃありません。
カドカワの映画でまともな物は1本も無かったのを知っているオトナは見に行きません。

301 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 18:12:17 ID:QOMGCHxq0
>>299
「超えた」なんて言ってないだろ。


302 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 19:19:02 ID:6Ame2Ung0
織田&森田が、黒澤監督に敬意を示し、リメイク品として命賭けてんのに、
ファンの誤解は失笑。製作者の意図を理解してないんじゃない?ファンの癖に。w




303 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 20:36:37 ID:+kOMLGMK0
>>301
あ、そっかごめん。

>豊川演じる室戸半兵衛との一騎打ちのシーンを振り返った織田は「監督が前作と違う
>シーンが作りたいと言っていたので、旧作にはなかったカタルシスができたかなと思う。
>好きなシーンです」と満面の笑み。

こんな感じで、旧作よりこれが出来てる、こっちが上って発言してるからさ。

三船三十郎を「絶対的な指導者」とか誤解した発言が多くて、織田って頭おかしいん
じゃないかと思った。マジで映画見てないのかね。でもその割には演技はコピーらしい
あたりが不思議。


304 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 20:44:33 ID:u4nlVXgP0 ?2BP(333)
福岡ローカルの番組で、おすぎがあまり評価してなかったね…

305 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 20:50:29 ID:dET5sRwu0
おすぎならずとも評価できんだろ、これは・・・。一言で言えば学芸会。

306 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 20:59:51 ID:2rL0hWW/0
>>265
三船は全員集合でヒゲダンスの真似をしてるんだよね

307 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 21:10:41 ID:QOMGCHxq0
>>303
>「前作と違うシーンが作りたい」「旧作にはなかったカタルシス」
「旧作とは別のカタルシス」という意味なんじゃない?
織田の言い方が誤解されやすいんだね。

308 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 21:11:57 ID:Qvq7hbG20
おすぎに評価して貰わなくて結構・・・・・・
ファンが満足ならいいさ。


309 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 21:21:26 ID:EatLtEuQ0
>>306
三船は、タモリの番組でも、自分が演技が不器用なのを逆にお笑いに代えてたな。

310 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 21:21:59 ID:WRIradTe0
>>308
そこが問題だと思った。確かに織田はいつものごとく爽やかでカッコイイ。
髭はやそうが祖末な身なりだろうが、清潔感がある好青年。中年のくたびれも無い。
だから織田目当てで見るには充分。でも、作品として考えるとそれじゃダメ。
アイドル映画になってしまってる。

311 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 21:24:35 ID:O/g3n/kT0
>三船三十郎を「絶対的な指導者」とか誤解した発言が多くて

それは思った。

「今の若者は上から物をいうと反発される」
だと。馬鹿か。

黒澤の「椿三十郎」の若侍も上から物言われて反発してただろう。

織田は何見てたんだ?

反発されてもかまわないんだよ。
三十郎は別に彼らのリーダーでもなければ
仲間でもない。

312 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 21:44:44 ID:QOMGCHxq0
>>311
織田が言いたかったのは「映画の中の若侍」のことじゃなくて
「映画を見る若者」のことじゃないの?
リメイクの若侍たちも反発してたし。
今映画を見る人達は、上から物を言う人を見ると嫌がる
という意味だと思ったけど・・・??

313 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 21:44:48 ID:Fxopr1GcO
同じ爽やか路線でも唐沢は大人の男優に脱皮した
えらい

314 :時間のムダです:2007/12/04(火) 21:52:21 ID:DkUGJD8d0
CM見ただけで十分負けてるじゃん!
あれなら俺の方がもっとうまくやれるよ。

315 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 21:52:49 ID:0tPv56Xy0
やたら織田=三船に絞って論評するレス多いんだけど
仲代、入江たか子、志村喬、小林桂樹のような脇を固められる俳優が
圧倒的に少ない。
昨今のリメイクがみな不調なのはそこに原因がある。


316 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 21:57:38 ID:OkYKkPlKO
>>315
プラス監督と映画業界を取り巻く金至上主義者もな。

突拍子も無い発想に、興業面のみでゴーサインを出さないからな。
確かに駄作も出来るかも知れないし、赤字必至かも知れないが、そういう中からあっと驚く作品が出来上がる。リメイクでも同じ。

317 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 22:07:02 ID:eDOab2RuO
>>315 正しい。

318 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 22:14:48 ID:EatLtEuQ0
>>316
> 金至上主義者もな

恋空が売り上げいいのが嘆かわしいね。

売れる売れないが、映画の質に比例しないんだよな。


319 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 22:16:49 ID:+kOMLGMK0
>>311
大体三船の三十郎は「浪人者」の典型で「絶対的な指導者」じゃないよなあ。

踊るの時も大概トンチキなことを喋ってたけど、結構アホ?日本語ヘタ?


320 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 22:20:41 ID:M9Nv2mAZ0
ありゃあ唯のおせっかいだろ
若いのは反発したいが、浪人の迫力と読みの的確さに
反発しきれずに引きずられてただけだろ
んで最後には、て奴
記憶が確かなら。

321 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 22:38:41 ID:jbuKJkXpO
>>310
大体、あの前髪垂らした三十郎は何なんだ。
「若衆」のつもりか。ガチホモ三十郎か。

322 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 22:41:45 ID:9BUW6Hsf0
織田の三十郎って浅いよね(´・ω・`)

323 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 22:51:03 ID:qPCAB4AoO
血しぶきの出ない椿三十郎なんて

324 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 22:56:34 ID:MrlVF9p+O
マーティの声優してから嫌いになりました

325 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 23:03:17 ID:571eU2Y70
出演者糞杉
絶対ハズレ

326 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 23:04:43 ID:Qvq7hbG20
劇場よりも盛り上がってるのか?
ネットの方がw


327 :名無しさん@恐縮です:2007/12/04(火) 23:58:37 ID:ETYB8PclO
三船は声にも迫力あったからな。織田とは存在感が違いすぎる。

328 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:08:38 ID:xfPj0nse0
  黒澤久雄を儲けさすな お前は 霧が丘に隠居じゃ 江川と遊んでろ
 ついて来るな  あばよ 

329 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:15:12 ID:s0hsI9Kt0
所詮ちょいワルそうなフェイスだけが取り柄のタレント。
サッサと消えれ。黒澤を汚すな。

330 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:16:57 ID:yrBVasoF0
>>324
三宅裕二の事は嫌いにならないで

331 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:19:43 ID:l2cOOdTy0
どんなにリメイクされても黒澤さんが汚されることはないでしょう?


332 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:30:52 ID:yLxf6SVW0
ミフネには一種神通力のような魅力がある。
なんといっても昭和の大スターだからね。

でもね、そういう先入観無しで
ミフネの演技自体をよくよく見てみるとね
ものすっごい大根であることに気がつくよ。
演技力をオーラでカバーしちゃってるんだよね。

存在そのものがスターである典型のような人なんだよね。


333 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:33:50 ID:Uc8rzLxY0
「このダムは絶対にお前達の好きにはさせない!」

ダムってw

334 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:34:57 ID:s0hsI9Kt0
黒澤作品における三船と黒澤は一体のもののような感じがするね。
黒澤の演出によって三船が生かされ、
また三船の個性によって黒澤の演出も変わっていったんだと思う。


335 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:36:14 ID:iAVPggwFO
3の時点でコケてるwww

336 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:37:38 ID:s0hsI9Kt0
まあ、端的に言えば、リメイクしている時点で、
自分たちが本当に作りたいものがない、ということだろう。
なんで映画にたずさわってるんだ。

337 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:51:20 ID:QNc0ZP6f0
姿三四郎とダブル

338 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:52:08 ID:hUSMFuJi0
自分解釈展開出来ればリメイクでも立派な作だとは思うけどな。
出来ればな。

339 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:54:21 ID:NCov21va0
織田裕二の中途半端な映画売り込みが不味かったのでは?
あれでは、織田ファンは納得するだろうが、三船・黒澤映画を見てきた
世代には、不評だろうよ。
誰も、おめーのプロフィールや話なんか聞きたくネーよって。

340 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:55:51 ID:NCov21va0
黒澤サイドの人間が映画PRに出てたら、「ああ公式のリメイクなんだな。」って安心する奴も出てくると思う。

341 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:56:18 ID:s0hsI9Kt0
織田の顔は女がオマンコを刺激される顔なんだろうね。
その一点で今まで生きのこってきたんだろうな。
役者とか、勘違いしない方がいいよ。
日本文化にとっても不幸。

342 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:56:49 ID:5PHxgc3WO
自信あんなら余計なこと言わなきゃいいのにと思う。

343 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:57:34 ID:GcL4lhd3O
笑いの取り方が子供っぽいというか、女っぽいというか、
オリジナルにあった骨っぽさがないんだよな


見てないけど

344 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 00:59:39 ID:NCov21va0
アメリカンスクール卒の時代劇の勉強もした事のない人は、
今一、日本文化を大事にしようっていう情緒が足りない。
森田が、踊る大走査線Tで、「天国と地獄だ!」ってシーンがあったから、
今回採用したか否か知らないが、織田は「初めて椿三十郎をこの映画採用で見た」
って程度の思い入れだから、スタッフの思い入れと温度差を感じるわ。
どことなく、集中攻撃さけたい口実なのかもしれないが。

345 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:01:55 ID:kwJA850/0
ビデオ撮りの姿三四郎とかありえないってw

346 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:04:47 ID:yPF4sUtV0
白黒がカラーになっただけでも見せ方を変えないといけないはずなのに、脚本変更せず使用するのは
馬鹿すぎるだろ。

347 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:07:26 ID:GEQVfg1C0
>>332
いや、でもなんていうか今の時代の「大根」とはものが違う。
例)赤西とか

達者じゃないけど演技は出来てる。
タダそんな演技を吹っ飛ばすほどのキャラが立ってる。


348 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:13:37 ID:C7VgRltgO
天国と地獄みたいな役だと三船は微妙だけど
黒澤作品の侍役に関しては文句なしに凄いからなあ
わざわざリメイクを見ようという気が起こらんな

349 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:14:39 ID:NCov21va0
三船敏郎公式ページ

http://www.mifuneproductions.co.jp/mifune.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%88%B9%E6%95%8F%E9%83%8E

350 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:16:40 ID:NCov21va0
親父は、リメイクで織田が偉そうに自分伝ばっか話すので、ブチ切れてチャンネル変えてましたわ。
踊るみたり、トリックみたり浜崎あゆみ聞いたり、柔軟な親父がだ。

351 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:18:28 ID:NCov21va0
親父ら世代には、フトドキ者もいいところで、織田が馬鹿な軽い奴に見えるに違いない。
オリジナルに執念を燃やすわけでなく、リメイクで偉そうなのも信じられない。

352 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:19:28 ID:hUSMFuJi0
岡本喜八の大菩薩峠でやった
島田虎之助とか凄まじかったけどな
あんな殺陣、今の役者には無理
ラストの仲代のキレっぷりも見事だったけど

353 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:23:23 ID:8qxu76Q2O
織田だから叩かれてるのか

354 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:24:05 ID:iZUyn+SN0
ここの騒ぎは・・・・・
「南君の恋人」90年代・武田真治を
後にリメイクした嵐・二宮を散々叩いていたオタ
と似ているw


355 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:25:31 ID:NCov21va0
>>354
はいはい。その程度のドラマだけ一生見てなさい。君。w
映画なんて高等なのは見なくていいから。

356 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:28:27 ID:yaMrNcAI0
>>350
あなたの親父の好みも誰も興味ないけどね。

357 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:32:12 ID:2Zo9Fg2mO
三谷幸喜が撮りゃよかったのに

358 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:32:57 ID:ZMimu8gEO
日本映画もとうとうネタ切れか

359 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:35:01 ID:hf1USXQZ0
ところでF-2戦闘機をメインにしたベスト・ガイ2はまだですか?

360 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:36:17 ID:587+nMR70
初日行ったけど混んでなくて拍子抜け。
席は前列以外は大体埋まってたけど。

361 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:36:35 ID:NCov21va0
>>356
黒澤世代を敵に回しました。w

362 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:37:26 ID:uX66f3xC0
てか、この映画を叩いてる奴って評論家ぶってる映画オタクだけだろ

363 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:38:06 ID:NCov21va0
>>356
君の好みと意見は全然興味ないけどね。

364 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:39:42 ID:KNRgm7eQ0
>>322
> 織田の三十郎って浅いよね(´・ω・`)
良くも悪くも、テレビサイズでの役者でしかないよな。
ホント、なんであんなに過大評価されてるのか不思議。

365 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:41:45 ID:k47LjcZxO
>>364創価学会だからしかたない

366 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:41:50 ID:NCov21va0
デジタルリマスター技術向上せんかな。
20前半♀だけど、三船の魅力に取り付かれたんだが。
同時期に生きてたら完全に織田蹴飛ばしてファンになってる。

367 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:43:56 ID:Gkbt7o6h0
リメイクしてる時点で、偉そうなことほざくなと言いたい。
某地域の外国人の発言を聞いているみたいではなはだ不愉快だな

368 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:44:49 ID:uX66f3xC0
>>366
いちいち女ってこと主張しなくていいから

369 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:47:05 ID:NCov21va0
>>368
古典古典って言うからさ。w
大学生で、もう映画なんてスクリーン上の作り物って判ってるから、何時の時代のスクリーン中の役者に惚れてもいいだろうさ。
仮に織田に惚れたとしても、自分の彼氏に成る訳でなし。

370 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:48:01 ID:Gkbt7o6h0
>>364
単なる「タレント」。

371 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 01:56:04 ID:ePgNYulTO
えびすさんか江頭辺りにやらせた方法が織田より
演技もうまいし興味も持たれるよ

372 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:00:58 ID:Gkbt7o6h0
三船は黒澤が見いだし、
黒澤作品の中で開花したのが三船。
そんな関係の何もないところで『椿三十郎』リメイクなんて単なる商業的意味しかない。
金が儲かったか、儲からなかったか、それだけ言ってろよ。
作品の価値に言及するなど不遜。思い上がるな。

373 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:05:20 ID:NCov21va0
黒澤・三船さいどのHPに全然、今回の話題出てないね。
ま、織田も「見たこと無い」程度扱いで可愛がってもらえないだろうよ。

374 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:10:01 ID:l2cOOdTy0
>>372
そんなにお怒りにならなくても・・・
小者を本気で相手にしたら、あなたの価値が下がりますよ。

375 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:12:52 ID:uOgJfozTO
過去にトップガイというしょうもない映画に出た事は、抹消されたかの様
に話題にもならんな

376 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:29:51 ID:wEKMsF+Z0
 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg


377 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:31:25 ID:wEKMsF+Z0
 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg


378 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:31:29 ID:wEKMsF+Z0
 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg


379 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:31:33 ID:wEKMsF+Z0
 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg


380 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:36:38 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




381 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:36:42 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




382 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:36:53 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




383 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:37:05 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




384 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:37:27 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




385 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:40:00 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




386 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:40:08 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




387 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:40:12 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




388 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:40:21 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




389 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:41:25 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




390 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:41:42 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




391 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:41:57 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




392 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:42:56 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




393 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:43:05 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




394 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:43:15 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




395 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:44:39 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




396 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:44:44 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




397 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:45:49 ID:hUSMFuJi0
今夜もハングマン!

398 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:47:21 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




399 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:47:34 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




400 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:47:42 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




401 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:47:49 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




402 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:50:44 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




403 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:50:51 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




404 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:50:59 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




405 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:51:03 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




406 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:53:22 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




407 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:53:28 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




408 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:53:36 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




409 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:54:04 ID:wEKMsF+Z0

 パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




410 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:58:42 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




411 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:58:45 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




412 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:58:49 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




413 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:59:50 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




414 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 02:59:57 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




415 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:00:42 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




416 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:02:30 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




417 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:02:37 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




418 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:02:41 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




419 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:02:47 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




420 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:04:03 ID:1fYedbcN0










二、三日前に"映画作品・人板"で起こった事とまったく同じ展開ですな。
ファビョった工作員が荒らしと化す。
思うようにならない餓鬼が将棋盤をひっくり返すみたいな…










421 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:10:00 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




422 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:10:12 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




423 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:10:16 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




424 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:10:54 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




425 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:11:08 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




426 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:12:37 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




427 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:12:48 ID:1fYedbcN0











まだあと500回強だぞ〜ガンバレ、ガンバレ











428 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:15:48 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




429 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:15:53 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




430 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:15:58 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




431 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:18:24 ID:hUSMFuJi0
夜中に何が楽しくて織田スレ埋めてんだ?ww

432 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:19:13 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




433 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:19:27 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




434 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:19:31 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




435 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:24:07 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




436 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:24:24 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




437 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:24:29 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




438 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:26:02 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




439 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:31:04 ID:GEQVfg1C0
>>366
ローマの休日見た感じじゃもう今でも十分イケると思う
>デジタルリマスター

それで音を5.1のあの聞きにくいのから変えてくれればそれでよかった。

織田はこれでとうとう化けの皮が剥がれて死亡だろなあ。
実は踊るとその後の一時期にしか当たり無い。
ドラマも評価がされたものいいものはもう10年以上前のだけだし。


440 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:34:33 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




441 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:34:58 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




442 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:35:05 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




443 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:39:50 ID:NCov21va0
あと、458ですぜ。
外国人の黒沢・三船ファンさん。

444 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:44:55 ID:NCov21va0
もう埋めちまえ。

445 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:51:59 ID:5JepC8gI0
名作を命がけで作り上げた黒澤の魂と、脚本まるまるコピーした人間の魂が比較になると思ってんのか馬鹿

446 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:53:14 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




447 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:53:23 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




448 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:57:18 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




449 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:57:22 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




450 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:57:25 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




451 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:57:28 ID:f4v1bjJy0
もう ID:wEKMsF+Z0 にやらせりゃいいじゃん


452 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:58:36 ID:NCov21va0
森田と織田の山師根性叩きなおしたれや。
下手するとズウズウしいから手柄自分達のものに全部する気だぞ。

印税ガッポガッポですか。失笑。中国の海賊版と一緒ですか〜?恥ずかしい〜〜www

453 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:59:13 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




454 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:59:21 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




455 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 03:59:29 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




456 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:00:08 ID:tSs5jGZH0
織田裕二の危機にホモ発狂

457 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:01:00 ID:NCov21va0
目覚ましテレビの森田の「現代劇として新しい作品として見て欲しい。」
にカチーン!!!!ときました。

潰す!!!!
リメイクに真摯に取り組みました。って言えば、素直に見たものの。

458 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:02:20 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




459 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:02:31 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




460 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:02:37 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




461 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:02:39 ID:eQWAMFEI0
こいういのより湘爆2やって欲しかった

462 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:03:02 ID:NCov21va0
目覚ましテレビの森田の「現代劇として新しい作品として見て欲しい。」
にカチーン!!!!ときました。

潰す!!!!
リメイクに真摯に取り組みました。って言えば、素直に見たものの。



463 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:03:27 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




464 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:03:31 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




465 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:03:37 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




466 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:03:42 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




467 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:04:09 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




468 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:04:23 ID:hUSMFuJi0
まぁ織田にとっては三船のモノマネは
かなりなチャレンジだったと思うが。
色んな意味で

469 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:05:19 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




470 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:06:20 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




471 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:06:37 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




472 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:06:45 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




473 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:09:06 ID:1fYedbcN0
まだ、かくし芸大会の英語劇の方がましだったな

474 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:09:28 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




475 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:09:31 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




476 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:09:35 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




477 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:11:05 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




478 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:11:11 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




479 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:11:15 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




480 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:11:21 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




481 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:12:49 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




482 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:12:53 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




483 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:13:00 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




484 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:13:06 ID:/3F03NWwO
昔、昼間にやってた時代劇をみた感じ。松山君のヅラというか、武士の一分の木村君にしても武士のヅラはいくら男前がやってても笑えるね。


485 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:13:59 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




486 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:14:05 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




487 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:14:22 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




488 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:16:55 ID:/3F03NWwO
品川の宿無し、うまかったね。で、誰が優勝したの?

489 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:17:19 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




490 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:17:25 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




491 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:18:36 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




492 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:18:40 ID:/3F03NWwO
リコピンってトマトの種の所にあるんだよ

493 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:18:47 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




494 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:18:51 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




495 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:18:55 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




496 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:19:23 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




497 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:19:28 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




498 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:24:54 ID:1fYedbcN0










やっと半分ですね。
まだまだですよ〜
ガンバッテ、ガンバッテ










499 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:25:17 ID:/3F03NWwO
知ってる?カプセル剤って下向いて飲むと飲みやすいんだよ。

500 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:27:10 ID:/3F03NWwO
久しぶりに内村の踊るの織田裕二のマネがみたいな。

501 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:31:20 ID:NCov21va0
500ゲト奪うなや〜!
これからハングライダーで1000目指す丁度、休憩地点なのに!!!

502 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:33:05 ID:IfcxJ1g+0
どうなってんのこのスレ。誰か説明してちょ。

503 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:35:18 ID:NCov21va0
500はハングマンに取っといてやればよかったのに。W

504 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:40:10 ID:9cqEON3c0

   _____      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /:\.___∧?∧__\  /
 |: ̄\(∩(*゚ー゚)  <   ?
 |:   |: ̄ ̄ ̄∪ ̄:|  \
 |:   |: NyoronR :|   \______________
"゙"゙"゙"゙""゙"゙"゙"゙""゙"゙"゙"


505 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:43:11 ID:2n92YCop0










かつら





506 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 04:44:53 ID:ulrityIH0
         /⌒ヽ
  ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /  ブーン
         ( ヽノ    
         ノ>ノ 
     三  レレ

507 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 05:26:10 ID:NCov21va0
ハングマンはもう寝たらしい。
こんな時間だもんな。
あと、494!

508 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 05:28:25 ID:6fBFpiOq0
ただのアイドル映画だから、しょうがないよ
森田監督は家族ゲームの奇妙な間は良かった

織田裕二はイケメンでもなく演技もヘタなのに主役取れる程ファンが多いのは
すごいんだなぁと思う



509 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 05:44:54 ID:zSPFHvPxO
どうでもいいが昨日この映画を見て
目を覆いたくなった部分は

「銀色のシーズン」とかいう映画の予告

510 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 06:59:53 ID:fYcFi6TK0
織田さんの一番はまる役は、押入れ侍だったなw
三十郎はトヨエツの方が良かった

見に行った上司たちは口をそろえて、織田じゃ役不足と切って捨てていた
まあ、織田さんも二度と時代劇はやらないだろうね

511 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 07:02:04 ID:fYcFi6TK0
ハングマンのおかげで織田さんの評判がドンドン悪くなる楽しいスレw

512 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 07:32:47 ID:UNSzjULK0
随分朝早くから織田信者が・・・。w

513 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 07:33:50 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg



514 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 07:35:12 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg



515 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 07:35:20 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg



516 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 07:35:26 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg



517 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 07:36:15 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg



518 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 07:42:10 ID:aAlBUhSx0
>>443

519 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 08:47:17 ID:1fYedbcN0
仮眠してやっと帰還されましたwwwww

520 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 11:24:59 ID:zlRK7tukO
黒澤・三船は最高峰!世界のクロサワ・世界のミフネ!

521 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 11:35:01 ID:zlRK7tukO
オリジナルは重厚長大。リメイクは軽薄短小。

522 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 11:36:53 ID:/YPzIJy10
織田さんは何をやっても世界陸上がチラついてしまってもう無理ですw

523 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 11:45:09 ID:L3Vhj2/RO
今回は織田よりも監督が糞だから

524 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 11:45:56 ID:haBSA3Z50
このスレ荒らしてるヤツ、一晩中やってたのか?
クスリでもやってなきゃ、こんなことできないだろ!

525 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:11:48 ID:l2cOOdTy0
>オリジナルは重厚長大。リメイクは軽薄短小。
オリジナルのオタは大喜び。




526 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:23:48 ID:IHKYRVHU0
スレが伸びてるのかと思ったら知恵遅れの仕業なんだ。
まぁ犬も食わない映画って事で。

527 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:32:46 ID:IocJS6r40
ここも織田ヲタのコピペ荒しが酷いな

528 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:35:53 ID:dQZd0zMSO
ひらいけんとの披露宴はまだかいな

529 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:38:17 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




530 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:38:21 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




531 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:38:31 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




532 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:38:35 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




533 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:40:09 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




534 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:41:08 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




535 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:41:22 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




536 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:41:30 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




537 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:42:41 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




538 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:43:12 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




539 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:43:16 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




540 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:45:41 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




541 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:45:45 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




542 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:45:50 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




543 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:45:55 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




544 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:46:45 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




545 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:47:18 ID:6y/TozkV0
織田ってあれだろ、
主演映画の公開直前に、世界陸上でバンバン顔を出しまくって、
ああもうこの顔はお腹いっぱい、と思わせちゃうKYな感じ?

546 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:49:34 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




547 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:49:39 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




548 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:50:29 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




549 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:52:01 ID:6y/TozkV0


 ここまで公然と荒し行為をやるってのも近頃じゃ珍しいよな。



550 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:56:00 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




551 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:56:33 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




552 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:56:36 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




553 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:56:40 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




554 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:57:04 ID:GEQVfg1C0
通報はしといた。

でも嵐織田オタは●持ちらしーw


555 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:58:13 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




556 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:58:31 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




557 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 12:59:09 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




558 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:03:54 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




559 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:03:58 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




560 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:07:39 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




561 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:07:42 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




562 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:07:46 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




563 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:07:49 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




564 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:09:11 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




565 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:09:16 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




566 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:09:21 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




567 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:09:27 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




568 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:13:57 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




569 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:14:01 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




570 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:14:04 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




571 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:14:07 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




572 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:15:11 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




573 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:16:32 ID:x/hnicm00
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか     

574 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:17:02 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




575 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:17:18 ID:x/hnicm00
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか     

576 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:18:18 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




577 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:18:24 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




578 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:18:28 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




579 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:18:37 ID:x/hnicm00
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥
10億にも届かないか     

580 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:21:52 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




581 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:21:56 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




582 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:21:59 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




583 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:22:10 ID:x/hnicm00
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!



584 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:23:03 ID:x/hnicm00
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!



585 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:23:10 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




586 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:23:22 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




587 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:23:27 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




588 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:25:08 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




589 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:25:16 ID:x/hnicm00
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!



590 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:25:46 ID:x/hnicm00
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!



591 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:25:51 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




592 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:25:59 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




593 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:26:04 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




594 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:26:16 ID:x/hnicm00
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!



595 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:26:37 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




596 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:26:41 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




597 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:27:00 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




598 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:27:54 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




599 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:29:31 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




600 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:29:36 ID:GEQVfg1C0
早めに埋めたら次スレというか、今度はコケニューススレになるんだが…

丁度初日動員数とか記事出ちゃう時期だけに。
それでいいのかな。織田オタ。


601 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:30:38 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




602 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:31:04 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




603 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:31:07 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




604 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:31:50 ID:x/hnicm00
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!



605 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:32:47 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




606 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:32:59 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




607 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:33:03 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




608 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:33:37 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




609 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:36:12 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




610 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:36:24 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




611 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:38:04 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




612 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:38:24 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




613 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:38:29 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




614 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:38:35 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




615 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:42:59 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




616 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:43:44 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




617 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:43:48 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




618 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:43:51 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




619 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:43:54 ID:wEKMsF+Z0
パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで
巻き上げられたが、ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、
気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。

 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に
備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。

 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、
ただ祈るしかなかった」と語っている。

 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。
気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、体やパラグライダーは
氷で覆われていたという。
マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。

 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。
同選手の異常な体験は、たとえて言えば、15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に
登るようなものだという。

 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、
ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」と話している。
死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。


画像:http://ca.c.yimg.jp/news/20070219120905/img.news.yahoo.co.jp/images/20070219/jij/20070219-00000040-jij-ent-view-000.jpg




620 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:48:21 ID:EyzN7gEp0
★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!

★織田裕二【主演映画椿三十郎】●大コケ●大赤字●大恥

衝撃!!!驚愕!!!落胆!!!
キムタク武士の40億超えの60億を目指すも

現実は10億未満!!!



621 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 13:52:04 ID:1fYedbcN0











どちらも、ガンバレ、ガンバレ












622 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 14:05:38 ID:8YpZI6SyO
>>510
役者不足な

623 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 14:39:28 ID:hUSMFuJi0
力不足ならまだしも役者不足てな初めて聞くな
使ってる人みたことない

624 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 14:40:53 ID:6y/TozkV0
最低映画に贈られるラジー賞って日本映画はノミネートされないのかな。結構イイ線行くと思うんだが

625 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 14:47:26 ID:hUSMFuJi0
蛇イチゴ賞とかあるだろ日本にも

626 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 15:06:26 ID:HA2PCSSt0
     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ
  .しi   r、_) | 織田裕二、わしは育ててない
    |  `ニニ' /
   ノ `ー―i

627 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 15:34:51 ID:JD7TlViG0
佐藤浩一が主役なら見たい。
織田は土臭くない。

628 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 15:39:50 ID:dQZd0zMSO
>>1
アッー!


629 :名無しさん@恐縮です:2007/12/05(水) 16:03:58 ID:haBSA3Z50
さんざん60億って言いまくってたから、恥ずかしいことこの上なし。

395 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)