5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ボクシング】超攻撃型の亀田流を脱却!興毅、今後は相手のパンチを紙一重でかわす高度な防御テクニック習得へ 大毅は練習30分

1 :ユリゲラー浣腸φ ★:2007/12/05(水) 05:33:47 ID:???0
http://www.sanspo.com/fight/top/f200712/f2007120500.html

 ボクシングの亀田3兄弟の長男・興毅(21)=写真=が4日、東京・大久保の協栄ジムで、
11月のメキシコでの自主トレから帰国後、初のスパーリングを行った。父・史郎氏(42)
から授かった超攻撃型の亀田流から脱却し、今後は相手のパンチを紙一重でかわす高度な防御
テクニックの習得に取り組む。

 来年の再起に向けて、興毅のペースが加速してきた。再開から3日目の練習で早くもリング
に上がり、元フライ級の日本ランカーと5ラウンドのスパーリング。二男・大毅(18)の世
界戦後、初めてリングの上でボクサーと拳を交わした。再開初日とあって、やや軽めの内容だ
が、メキシコでの自主トレの成果か、動きは軽快だ。

 「こんなのスパーリングちゃうで。人が前にいるシャドー(ボクシング)やけど、オレがイ
メージするボクシングにとって、意味のある練習だった」

 大毅の世界戦後は、まったく練習をできない苦しい状況におかれていた。そんななかでも、
新たなスタイルを模索。相手のパンチを当たる寸前でかわすというものだ。悲願の2階級制覇
には、父・史郎氏から授けられた超攻撃的な亀田流だけでは不十分、鉄壁のディフェンスも不
可欠−と考え抜いた結論だ。

 来年2月にも再起戦を行い、その後は、WBC世界フライ級王者・内藤大助−ポンサクレッ
ク・ウォンジョンカムの勝者を照準に入れる。「まだ体がなまっている。これから徐々に上げ
ていくで」。汚名返上の2階級制覇に向けて、まずは新・亀田流を完成させる。

(伊藤隆)

★大毅は練習30分

 スパーリングを再開した兄と対照的に、二男・大毅は約30分で練習を切り上げた。「ジム
には顔を出しにきただけ。ほかのことをいろいろしたいんや」と話したように、シャドーボク
シング、サンドバッグ打ちなどの軽めの練習。その後は、興毅のスパーリングを“観戦”した
だけ。「スパーリング? 別に」。抜け殻状態の大毅が本格的に始動するにはまだ時間がかか
りそうだ。

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)