5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ブラジル】“農業超大国”を支える「エンブラパ」の実力 [12/4]

1 : ◆Robo.gBH9M @ロボ-7c7cφ ★:2007/12/04(火) 16:57:47 ID:???
★“農業超大国”を支える「エンブラパ」の実力

米国の前国務省長官コリン・パウエルが「農業超大国」と呼んだブラジルが近い将来、米国を抜いて
世界最大の農産物輸出国になろうとしている。ブラジル農業躍進の秘訣はどこにあるのか。その謎を
解くには、同国の農牧研究公社「エンブラパ」を訪ねるといいだろう。

エンブラパの最大の功績は、リンや石灰を土壌に注入することで、これまで不毛とされてきた1600uに
わたるサバンナの大地を一大穀倉地帯へと変えたことだ。また熱帯では育たないとされた大豆の
品種改良にも取り組み、見事栽培に成功した。 「かつてあの土地からは何も生まれないと言われて
いました」と、インドなどで食糧増産に成功し、ノーベル平和賞に輝いたノーマン・ボーローグは話す。

「でもエンブラパは見事にその難題を解いたのです」  エンブラパは過去30年ほどで、世界で最も
進んだ熱帯農業の研究機関となった。近年ではバイオテクノロジーやバイオ燃料の研究・開発にも
乗り出し、ブラジルを訪れるすべての第三世界の政治家や指導者が必ず足を運ぶ研究施設と
なっている。 「ブラジルの農業技術が進んでいるのは、エンブラパが行う最先端の研究に国が多額の
投資をしてきたことが大きい」
と、世界銀行の地域開発担当者マーク・キャクラーは話す。

ブラジル議会は2年前にエンブラパが知的財産を売って利益を得ることや、民間企業と合弁会社を
設立することなどを認める法案を可決した。これによりエンブラパは資金不足という研究機関に
ありがちな問題とは無縁となった。最近では、ドイツの化学大手BASFと遺伝子組み換え大豆の共同
研究・開発を行うことを発表している。

現在エンブラパがとくに力を入れているのが、小麦の品種改良だ。現在ブラジルは小麦を輸入に
頼っている。もし小麦を自国で栽培できるようになれば、鬼に金棒だ。

インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(フランス)より
http://courrier.hitomedia.jp/contents/2007/12/post_226.html
【ブラジル】上場企業、軒並み黒字…来年は溢れる資金で飛躍の年[11/27]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1196567942/
【ブラジル】国内最大級の油田を発見と発表、世界有数の産油国に名乗り[11/08]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1194621262/

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)