5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【環境】二酸化窒素の吸収能力アップ、環境浄化植物の新品種を開発

1 : ◆KzI.AmWAVE @Hφ=Eφ ★:2007/08/03(金) 23:46:03 ID:??? ?2BP(135)

二酸化窒素の吸収能力アップ、環境浄化植物の新品種を開発

 自動車の排ガスに含まれ、大気汚染の原因になっている二酸化窒素の吸収能力を、
従来よりも最大で80%も高めた環境浄化植物の開発に、広島大と日本原子力研究開発
機構の研究グループが成功した。

 本州から沖縄にかけて分布する、イチジクの仲間の「ヒメイタビ」の新品種で、同グループは
「KNOX(ノックス)」と名付けた。ヒメイタビは、壁面伝いにつるを伸ばす性質があり、
壁面緑化に利用されている。

 研究グループは、原子から電子をはぎ取った原子核(イオン)を、光速の数分の一まで
加速したイオンビームを利用。ヒメイタビ約5000株の茎にイオンビームを照射し、人工的に
突然変異を起こしたところ、二酸化窒素を吸収し分解する能力が従来より40〜80%も高い
新品種を数株つくることに成功した。外観や成長の具合などは、従来の品種と変わらないという。

 研究グループは「大気汚染を解決する即戦力として、新品種を普及させたい」としている。

 研究成果は7日から、千葉市で開かれる日本植物細胞分子生物学会で発表される。

(2007年8月3日14時39分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070803ik01.htm


日本原子力研究開発機構プレス発表
イオンビームを用いて高い環境浄化能を持つ植物品種の育成に初めて成功
http://www.jaea.go.jp/02/press2007/p07080201/index.html

2 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 00:05:33 ID:JVO6QzRZ
僕の肛門も吸収能力アップしそうです

3 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 00:09:04 ID:1BAFDKx6
それだけ光合成するってことなのに成長具合も変わらんのか

4 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 00:16:59 ID:IGnUjp1J
>>3
つまり燃費の悪い植物が重要ってことか
一番二酸化炭素吸収能力が高い植物って何?

5 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 00:19:12 ID:rZiT/WT5
もともとどれくらい吸収するものなのかわからない…。
ところで植物ってほとんど成長しない段階だとどれくらい二酸化炭素吸収するの?

6 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 00:48:34 ID:6CsamXiP
で 光合成できない時間帯は
それ以上の酸素を消費する って落ち?

7 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 00:51:31 ID:gHBBqyKO
もちろん目的を達したら簡単に除去できるんだろうな?

8 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 00:58:04 ID:tlZG1yRi
つーか、二酸化窒素なのだが、、、、
二酸化炭素と勘違いしている奴多すぎww

9 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 00:58:39 ID:554FOD+/
伸びすぎた分を切ってゴミとして燃やすときや
枯れて土の上で微生物に分解されるときの
二酸化炭素の発生率はどうなの?

10 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 01:03:58 ID:6CsamXiP
そっか 二酸化窒素だったのか!って
最終的には窒素肥料になるのかな?

11 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 01:13:48 ID:loOPU1gt
>環境浄化植物の新品種を開発

後の腐海である

12 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 01:14:05 ID:tlZG1yRi
>>10
まあそういうことだと思うよ、窒素同化能が高いんだろうな。
二酸化窒素ってことは、亜硝酸塩を同化できるってことでしょ。
硝酸塩ならよく有る話だけど、亜硝酸塩は毒性があるから
難しいんだろうな。

13 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 01:25:21 ID:29HaxIZu
支那様が興味をお持ちになった様でアル

14 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 01:57:57 ID:G0QUkTbO
しかしシナの大地では育たずに速攻で枯れるのであったw

15 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 11:26:02 ID:PJVfYB3g
NOx

16 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 11:39:23 ID:+V/HW9hN
NOxを減らしたけりゃ、車を減らせ阿呆


17 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 11:47:16 ID:Snku7oyi
シロツメクサじゃだめなん?
堤防や公園にはやせばいいじゃん。

18 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 18:59:28 ID:J1Vp1AGH
遺伝し組み換えてメキメキ育つ植物を作成⇒バイオエタノール燃料製造ってこと?

19 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 19:10:06 ID:zyO/ccqo
イタビカズラについて「実は食べられる」という書籍と「食べられない」とする書籍がある

イタビカズラはクワ科イチジク属。「実」もイチジク同様の花托

20 :名無しのひみつ:2007/08/04(土) 19:47:41 ID:0aIxYuB9
>>12 意味不明なのだが
空気中のNO2を固定化できる能力が従来より格段に高いってことだろ。
NO2は常温では気体。
亜硝酸塩がなぜ唐突に出てくるんだ。


21 :名無しのひみつ:2007/08/06(月) 20:19:43 ID:mDDzzYkn
SOx吸収してくれる植物も出来れば完璧だな。


22 :名無しのひみつ:2007/08/12(日) 11:04:36 ID:RCrpYOGd
NO2もSO2も、とっくの昔に環境基準をぐっと切っとるわいな。
何をいまさら‥‥


23 :名無しのひみつ:2007/08/12(日) 12:23:48 ID:+CSQA+HS
NOxなら植物の肥料の基礎か?

吸収はアンモニウムイオンの形態でだったか

排気ガス大目の交差点で、植物の成長が良くなる場合もあるらしい
排気ガスが濃すぎると当然葉が枯れてしまうがw

24 :名無しのひみつ:2007/08/12(日) 12:49:07 ID:u1QDCtj/
まったくもって無駄。
この植物が枯れればそれまでに吸った二酸化窒素はまた大気にもどるだろ。
森林が二酸化炭素を吸収するとかいうトリックとまったく同じ。
環境族はフローとストックの概念を意図的に混同してるから困る。

25 :名無しのひみつ:2007/08/12(日) 13:35:05 ID:yVT5b468
自動車の排ガスと植物の死体が分解された時に出る物質が同じだったら無駄でしょうね。
同じじゃないから排ガスで困ってるんだと私は思いますけどね

26 :名無しのひみつ:2007/08/12(日) 13:41:41 ID:9CpnFizI
こんな得体の知れない植物、大丈夫なのか?

27 :名無しのひみつ:2007/08/12(日) 14:03:27 ID:Nq0MGed2
「二酸化窒素を吸収し分解」って書いてあるから
2NO2 → N2 + 2O2
で、酸素と窒素にもどるのか?


28 :名無しのひみつ:2007/08/13(月) 15:46:47 ID:LoXfIiPQ
>>26ヒメイタビ は別に変わった植物ではないのだが

ヒメイタビはクワ科のイチジク属、と日本語ではなるが、
イチジク属はクワ科全種の2/3を占めるほど大きな分類群。
イチジク、イヌビワはもちろん、アコウやガジュマルなど南方の
大きな樹木もイチジク属だし、熱帯にはイヌビワに近縁の樹木が
何百種類もある。大きな葉で観賞植物になるインドゴムノキもこの仲間だ

現在ではインドゴムノキから天然ゴムは採っていない。この仲間の樹液を用いて
現地人がトリモチを作る事がある位である

29 :名無しのひみつ:2007/08/13(月) 16:10:11 ID:C4GuqaO0
>>24
いや、それは無い。
NOxを有機窒素にまで代謝するから。

30 :名無しのひみつ:2007/08/13(月) 20:59:44 ID:+ZUu46dH
品種改良か遺伝子組み替えで、二酸化炭素を大量消費しないと生きれない種を造ってくれ

31 :名無しのひみつ:2007/08/13(月) 22:01:32 ID:j7pPAWXX
人間を吸収する食人植物を開発すれば

32 :名無しのひみつ:2007/08/14(火) 00:45:47 ID:iPOBT58H
>>24
二酸化窒素みたいな不安定な物質が
自然界のそこかしこから大量にボコボコと湧いてくるものかとw

二酸化窒素を水に溶かしたものは、硝酸である。
ここらで硝酸とか硝石とかに関する有効利用とスリリングな話を
ゴチャゴチャ書いて見るか

硝酸は強い酸なので、塩基と容易に結びついてしまう。
縁の下の土が白くなっているのは硝石だ、などとよく言われた。
硝酸バクテリアを多く含む土壌と、動物の死骸や糞尿を混ぜて
よく寝かせて、表面に出来る硝石を採って
これを木炭や硫黄と混ぜて、黒色火薬は作られていた

これじゃ二酸化窒素単独で大気中に出て行くものなんて殆ど無いであろう。
内燃機関の排気ガスの中という、有機物が窒素を含む空気も合わせて酸化反応した直後くらいしか
二酸化窒素が豊富なところなんて無い。後は火山ガスとか。

硝酸は酸性も強いが、酸化剤としても強力である
強い酸と言えば、マンガやアニメで「濃硫酸で死体を溶かした」と語っているのが有名であるが
あまり知られていないことだが、濃硫酸は「強酸か弱酸か?」という観点では
弱酸になってしまう。電離度が不十分で、0.1モル/リットルの濃硫酸の電離度は20%程度。
ここでほぼ100%の電離度で無いと、強酸と称することはできない

死体を処理するために使うのは、濃硫酸にSO3を再度溶かした発煙硫酸である。これも
酸ではなく酸化作用でタンパク質を分解する。
なお、希硫酸なら100%の電離度。

一方、濃硝酸は100%の電離度で、酸としても酸化剤としても強力である
そして、濃硫酸と濃硝酸の混合物が王水。イオン化傾向が最小の金ですら溶けてしまう

33 :名無しのひみつ:2007/08/14(火) 14:42:19 ID:/53wWbcx
>二酸化窒素を水に溶かしたものは、硝酸である。

高校出てないな。中卒か?

>0.1モル/リットルの濃硫酸の電離度は20%程度。

をいをい。それは「希硫酸」だし、0.1 Mなら電離度は59%だぞ。


34 :名無しのひみつ:2007/08/14(火) 19:19:00 ID:2tm+r60Y
また一歩バイオハザードに近づいたわけで

35 :名無しのひみつ:2007/08/15(水) 01:04:28 ID:I2ONF973
>>32-33
http://www.chemistryquestion.jp/situmon/shitumon_koukoukagaku_kagaku17_ostwald.html
オストワルト法

4 NH3 + 5 O2 → 4 NO + 6 H2O

2 NO + O2 → 2 NO2

3 NO2 + H2O → 2 HNO3 + NO

全体で NH3 + 2 O2 → HNO3 + H2O

3番目の式で水に入れたら一酸化窒素も出来てしまう

http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/2005/05ko2-21.html

こんなサイトも

36 :名無しのひみつ:2007/08/23(木) 01:10:56 ID:E18Z+4r0
3H2O+2CO2-->CH3CH2OH+3O2
これで地球温暖化対策も可能になり、エタノール燃料電池による循環社会が実現する。完璧だ。


10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)