5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医学】炎症抑制たんぱく質「ガレクチン9」がマクロファージの働きを強める

1 : ◆KzI.AmWAVE @Hφ=Eφ ★:2007/11/16(金) 22:25:40 ID:??? ?2BP(135)

炎症抑制タンパク質、感染症予防に効果

 炎症反応を抑える作用があるタンパク質「ガレクチン9」に、体内に侵入した細菌やウイルスを退治
する働きを強める作用があるらしいことを、香川大の平島光臣教授(免疫病理学)と米ハーバード大
などの研究チームが突き止め、16日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 炎症が関係するリウマチや膠原(こうげん)病など、自己免疫疾患の新たな治療薬として期待される。
平島教授は「インフルエンザなどの感染症治療にも役立ちそうだ」としている。

 平島教授らは、ガレクチンが結合する細胞表面の受容体に着目。白血球の一種マクロファージの
受容体にガレクチンがくっつくと、細菌やウイルスを食べるマクロファージの働きが強まることを確かめた。

 一方でガレクチンは、炎症関連物質を出す別の白血球の働きを抑制。生体内で二種類の白血球の
バランスを取りながら制御しているらしい。

 バランスが崩れて炎症が過剰になると、リウマチなどの自己免疫疾患が起きる。平島教授は「ガレク
チンを投与すれば、炎症を抑えながら感染症を防ぐ新たな治療のアプローチが可能だ」と話す。

四国新聞
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/article.aspx?id=20071116000148


Promotion of Tissue Inflammation by the Immune Receptor Tim-3 Expressed on Innate Immune Cells
Science 16 November 2007: Vol. 318. no. 5853, pp. 1141 - 1143
DOI: 10.1126/science.1148536
http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/318/5853/1141

2 :名無しのひみつ:2007/11/16(金) 23:18:21 ID:fbzkLLJs
ウヒョー

3 :名無しのひみつ:2007/11/16(金) 23:29:34 ID:6bjpfX9G
GJ

4 :名無しのひみつ:2007/11/17(土) 01:52:58 ID:DiHA/Kk8
まるでルミンAだな

5 :名無しのひみつ:2007/11/17(土) 09:36:02 ID:bpGLEH5F
エレクチオン?

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)